アートメイクおすすめ

アートメイクは、体質によって向いている人と向いていない人がいるのをご存知ですか?意外と知らないアートメイクの向き不向きを、特徴に合わせてまとめました。それと合わせて、今一番おすすめのクリニックも紹介しています。クリニック選びの参考になりますよ。

どんな人がアートメイクに向いているの?

メイクをした女性

アートメイクは”落ちないメイク”として、「メイク崩れが気になる」「素顔に自信を持ちたい」などの悩みを持つ女性に多く利用されています。近年では「第一印象を良くしたい」などの理由から、男性の需要も多くなってきました。素顔やメイクに関する悩みを解決するため、アートメイクは選ばれています。

ちなみに、アートメイクを受けた後はどのような変化があるのでしょうか。アートメイクをした人の感想をまとめてみました。

【アートメイクをした後の体験談】

●素顔に自信が持てるようになったand気持ちが明るくなった
●メイク「前」と「後」の雰囲気が変わらなくなって嬉しい
●急な来客や宅配便がきた時、素顔でも対応できるので助かっている
●汗をかいたり、時間がたってもメイク直しが必要ないので楽になった
●メイク時間が短くなり朝にゆとりができた
●唇の血色が良くなり明るく見られるようになった
●眉毛のアートメイクのおかげで若く見られるようになったand第一印象が良くなった

メイクをしなくても、綺麗な眉やアイラインが保てるので、「素顔でも自信が持てる」という声が多く聞かれます。またアートメイクをしていると、メイクにかける時間が少なくなり生活にゆとりもできます。水や汗はもちろんの事、洗顔後でもメイクが落ちないので、スポーツや海水浴なども安心して過ごせるのも嬉しいメリットです。

日頃、次の様な悩みがあるならアートメイクに挑戦してみてもいいかもしれません。

【アートメイクに向いている人】

●素顔にもっと自信を持ちたい
●メイクの時間を短縮し時間にゆとりがほしい
●眉やアイラインが上手に描けない
●アトピーやアレルギーでメイクがなかなかできない
●老眼で目が悪くメイクするのが大変
●傷のせいで眉やアイラインが書けないor書きにくい
●加齢による肌のたるみでアイラインが引きにくい
●唇の色が悪いor眉毛が薄いので印象が悪く見られる

このようにアートメイクで解決する事もできます。
しかし、アートメイクには相性があり、向いている人もいれば、向いていない人もいます。

アートメイクに向いていない人とは

アートメイクは、誰でもできるというわけではありません。年齢やその時の状況によって、条件が発生する事もあります。また体質によっては、アートメイクが上手く入らない時もあるでしょう。

まずは、注意事項を確認して下さい。

【確認する事】

●未成年者は、保護者の同伴または同意書が必要になる
※クリニックによって、年齢制限は様々です。
●アレルギーやアトピーの人は、事前にパッチテストを行っていたほうが安心
●花粉症の時期は、アイラインの施術は避けた方が良い
●妊娠中または持病がある人は、体調も含め医師と相談

未成年者は、条件として保護者の同意や同伴が必要なります。アレルギーやアトピーの人は、受けたいアートメイクができるのか、事前に確認しておくと安心です。妊娠中や持病のある人は、急な体調の変化もあるので、医師にしっかり相談して進めていきましょう。

年齢や状況に関して特に問題がなくても、次のような体質の人はアートメイクには向いていません。

【アートメイクに向いていない人】

●皮膚が薄い人
●出血しやすい人
●痛みなどで涙が出やすい人

アートメイクは、針で傷をつけながらそこに色を入れていきます。そこで出血しやすい人は、色が血液で流れやすいので、皮膚の奥に色が入りにくくなります。皮膚が薄い人は、出血しやすいので気をつけましょう。
ちなみに、定期的にエステに通ってフェイスマッサージをしていたり、自分でピーリングを行なっている人は皮膚が薄くなっている場合があるので、まずは医師に相談するようにしましょう。

涙が出やすい人も気をつけましょう。涙で、アートメイクの色が流れやすくなります。痛みで涙が出る人、花粉症やアレルギーなどで目の中や周りが敏感になっている人は色が入りにくいことがあります。

アートメイクに向いていない人というのは、決して施術ができないという訳ではありません。何かしらの理由で体調に支障がでたり、思うような効果が得られなかったりする場合があるので気をつけてください。医療機関によっては様々な施術方法があります。クリニック選びの一つとして、自分の体に合った施術方法を探してみるのも良いでしょう。

アートメイクの費用相場

アートメイクは、部位によって料金が様々です。
まずは、相場を確認しましょう。

【アートメイクの料金】

●眉(アイブロウ)…\25,000~\50,000/1回
●アイライン
・上または下のみ…\15,000~\30,000/1回
・上下セット…\25,000~\40,000/1回
●アイシャドウ…\15,000~\23,000/1回
●唇(リップ)
・リップライン…\24,000~\60,000/1回
・フルリップ…\60,000~\70,000/1回
●乳首・乳頭…\40,000~\55,000/1回

アートメイクの施術は、数回に分けて色を皮膚の下へと入れていきます。肌の特徴や年齢によって、施術の回数が変わります。1回の値段ではなく、何回の施術で希望通りに色が入るのか想定しておくことも大切です。

また、アートメイクは数年たつと色が薄くなってしまいます。効果が薄れてきた時は、リペア(メンテナンス・修正)をすると良いでしょう。状態をもとに戻してくれたり、形を変えたければ修正もしてくれたりします。リペアを行なえるかどうかは、受けたいクリニックの情報を確認して下さい。

リペアといっても、再度施術を受ける事になります。クリニックによっては、リペアを通常の施術料金よりも安く設定している場合があります。アートメイクはアフターケアも大切なので、それも含めて計画を立てると良いでしょう。

一度アートメイクをしたら一生落ちないの?

アートメイクは基本、落ちません。しかし、時間の経過とともに色が薄くなったり、色が変化する事もあります。

【なぜアートメイクは薄くなるの?】

アートメイクは、皮膚のある一定の層まで針を刺しそこに色を入れていきます。

しかし、皮膚の新陳代謝により、時間と共に古い層は上へと押し出され、肌がどんどん生まれ変わります。肌の生まれ変わりにより、アートメイクで色が入った層は少しずつ減っていくのです。数年後、アートメイクの色が薄くなり変色してしまうのは、この肌のサイクルがあるからです。

【アートメイクはどれくらい持続するの?】

通常は、2~3年は持続すると言われていますが、施術した回数によって期間は異なってきます。また、肌のサイクルや状態、セルフケアによっても持続する期間は異なってきます。

次のような人は、もしかしたら持続期間が短いかもしれません。
●出血しやすい、または涙が出やすい人
このような人は、アートメイクの色が入りにくいことをお伝えしました。色が入りにくいので、持続する期間も短くなります。早い人では、数ヶ月で色が薄くなる場合もあります。

●新陳代謝が活発な人
新陳代謝が活発な人は、肌のサイクルも早いです。通常の人よりも、やや持続期間が短いかもしれません。

●定期的にエステに通っている人
お肌にとっては良いことなんですが、定期的にエステでフェイスマッサージなどを行うと、新陳代謝が活発になります。こちらも、お肌のサイクルが早くなるので、アートメイクをしている人は気をつけてください。

●自宅でピーリングをしている人
こちらも新陳代謝を促し、肌のサイクルを早めてしまい、アートメイクがどんどん薄くなってしまいます。使用する際は、気をつけて下さい。

【アートメイクは消える事もある?!】

アートメイクの色が着色しにくい人は、色持ちが悪いだけでなく、時には消えてしまうこともあるようです。基本アートメイクアは落ちませんが、長持ちさせるためにポイントを押さえておくと良いです。

【アートメイクを長持ちさせるコツ】

●定期的にリペア(メンテナンス・修正)を行う
状態を長持ちさせるなら、定期的にリペアを行ないましょう。薄くなった色の改善や、トレンドに合わせて形なども修正してくれます。リペアが受けれるかどうかは、クリニックによって異なるので確認して下さい。

●アイラインのアートメイクは施設後目をこすらない
これからアイラインのアートメイクを受ける人に覚えておいてほしいのが、施設後は目をこすらない事です。アートメイクは針で皮膚に傷をつけるので、傷口をこするのはもちろんNGです。それ以外にも、目をこすると色が抜けてしまうこともあります。アレルギーのある人や、花粉症の人は気をつけてくださいね。

●保湿をしっかり行う
リップのアートメイクをする人は、特に保湿には気をつけましょう。乾燥により、傷口がひび割れて出血したり、皮がむけると色の抜けが早くなります。お肌の為にも、保湿はしっかり行いましょう。

アートメイクをするならココがおすすめ!

アートメイクでおすすめのクリニックは、『ウィメンズヘルスクリニック 東京』さんです。
おすすめの理由は…

●医療機関である
アートメイクは医療行為ですが、中には無資格で行なっているサロンもあります。クリニック選びの第一条件は、医療機関であるかどうかです。

●カウンセリングから施術、アフターケアまで担当者が同じ
アートメイクアはまず、「カウンセリング」をしてから「施術」を受けます。そして、その後の状態をしっかり「アフターケア」していく流れになります。それぞれに担当者がいる場合、稀にカウンセリングで話した内容が上手く伝わらない事もあるようです。「思い通りのアートメイクにならなかった」「アフターケアの人が自分の体質を全然理解しておらず困った」などの声も聞かれます。

『ウィメンズヘルスクリニック 東京』さんでは、カウンセリングからアフターケアまでを同じ人が担当してくれます。何度も相談したスタッフが施術を行なってくれるので、信頼してお任せする事ができました。

●一流の技術が受けられる
アートメイクを受けて初めて知ったのですが、この業界には「日本メディカルアートメイク協会」という団体があるようです。アートメイクに関するスペシャリストの人が集まった団体で、その中の一人が『ウィメンズヘルスクリニック 東京』で施術の担当をしています。一流のプロの技術が受けられるので、安心してお任せする事ができました。

また、『ウィメンズヘルスクリニック 東京』で施術を担当しているのは女性です。メイクの事に関しては、女性の方が詳しいのでいろいろ相談する事ができました。女性ならではの細やかな対応もしていただけて、本当に満足です。

アートメイクを綺麗に仕上げるために

メイク最中の女性

アートメイクを綺麗に仕上げるには、まず担当の医師とカウンセリングでしっかり話し合い、理想とするメイクのイメージをきちんと伝えましょう。イメージが伝わらないと思い通りのアートメイクができないので、担当医との相性も確認してください。また、「カウンセリング」と「施術」は同じ担当者だと、安心して施術を受けることができます。

体質によって施術の回数やアフターケアの頻度が異なります。自分が理想とするメイクはどのぐらい施術が必要か、アフターケアのタイミングはいつ頃必要かなど、それにより料金も変わってくるのでしっかり把握しておきましょう。

普段メイクをしない男性は感じにくいかもしれませんが、印象を少し変えるだけで表情が明るくなる瞬間があります。そして、その時感じる少しの自信で生活にも変化が生まれます。「人の目をみて話せるようになった」「笑顔で会話できる時間が増えた」など、女性特有の表現でいうと「キラキラ輝いて過ごせる時間」が増えていきます。素顔のままでも、その時間が過ごせるのは本当に嬉しいです。しっかり計画を立てて、ぜひ納得のいくアートメイクを受けて下さい。

関連キーワード
  • まつ毛の調整
    理想の目元へ!アートメイクの「落ちない」「にじまない」アイライン
  • アートメイク失敗
    アートメイクの失敗はなぜ起こる?原因と対処法
  • 目の下の施術
    初めてのアートメイク!気になる「痛み」と「腫れ」について
  • キレイな眉の女性
    アートメイクで手に入れる!あなたに合った”理想の眉”
  • アートメイクおすすめ
    知っておきたい!アートメイクに"向いている人"とそうでない人
  • マスカラ中の茶髪の女性
    東京で安心できるアートメイククリニックはどうやって探す?
おすすめの記事