アートメイクの施術を受けたあとは、およそ1週間は赤みやかさぶたが残ってしまいます。一体いつまでダウンタイムが続くのか、気になる人は多いはず。そこで、治療後の変化について日数ごとに詳しく調べてみました。

アートメイク施術後の経過はどのような感じ?

施術後のダウンタイムは避けられない

アートメイクは、針を使って肌に色素を注入する施術なので、腫れや赤みといった肌への負担は避けられません。施術後の肌の状態や、その対処法についてみていきましょう。

アートメイク施術後に現れるおもな変化は?

アートメイクの施術後は、主に肌の赤み・腫れ・かさぶたが現れやすいです。目元や眉、リップが腫れると思うと不安になりますが、この腫れはだいたい翌1日で引いていきます。眉はほとんど腫れませんが、アイラインやリップは2、3日腫れが続きます。
肌の腫れは比較的短い時間で治まりますが、赤みやかさぶたは術後から約1週間くらいあります。時間が経てば綺麗に治るので、施術後はなるべく休暇を取り、治るまで焦らず待ちましょう。ほかにも、アートメイク後は、肌の色素落ちが起きることがあります。色素落ちとは、薄い皮が落ちて、アートメイクの色素が落ちてしまうことです。だから、初回の施術ではこうした色素落ちが起きやすいため、色素を定着させるため数回にわけて施術を行います。

ちなみに施術直後の状態は・・・?

【眉の場合】
アイラインやリップよりは目立たないが、腫れや赤み、すり傷のようなヒリヒリ感が現れる
【アイラインの場合】
眉と同様にヒリヒリ感があり、泣いた時くらいの腫れが現れる。また、内出血を起こすこともある
【リップの場合】
ヒリヒリ感があり、腫れによって少し厚ぼったくみられる。また、色味も濃く現れやすくなる。

施術後の腫れにはどう対処する?

アートメイクの施術後は、腫れを抑える塗り薬を処方されます。また、傷がついた肌に菌が入り込むことを防ぐため、抗生物質の薬が同時に処方される場合もあります。どちらも必要な薬なので、忘れずに飲み続けましょう。
施術直後は肌の赤みなどが目立つため、帰宅時に人の視線が気になる場合があります。患部の赤みを隠すため、前もってつばの広い帽子やサングラス、マスクなどを持参しておきましょう。

アートメイクの経過:施術から2日~3日後

2日~3日が経ったころの状態は?

施術から翌1日が経過したあとは、肌の腫れや痛みなども治まります。施術による負担は解消されますが、かさぶたなどは残り続けているため、引き続き処方薬でのケアや帽子・サングラスなどで隠すなどの対応が必要です。

眉・アイラインの場合

眉やアイラインの腫れは治まりますが、赤みやかさぶたは残り続けているため、患部はまだまだ目立つ状態です。この時期は肌が治っている途中なので、肌につっぱりやかゆみを感じることがあります。しかし、患部を触ったりかいたりすると、再び出血して治りが遅くなったり、色素の定着が悪くなったりします。そのため、できるだけ患部には触らないようにしましょう。
かさぶたは自然に剥がれますが、剥がれていないところがムラになって見える場合もあります。完全に剥がれるまで、しばらく我慢が必要です。

リップの場合

リップの施術では、施術当日とその翌日に腫れが現れますが2、3日で治まります。かさぶたや乾燥で口がつっぱりやすくなるため、口が開けづらくなるでしょう。施術してから翌日になると唇が乾燥し、3日目になるとむける量も増えていきます。このとき、まだらに皮が残っている部分もありますが、無理にはがしてはいけません。クリニックからの処方薬を使用しながら、自然に剥がれるのを待ちましょう。

アートメイクの経過:施術から1週間後

施術から1週間経つとどうなる?

アートメイクのダウンタイムは、およそ1週間程度だとされています。実際に1週間経過したあと、患部はどんな状態となるのでしょうか?順にみていきましょう。

眉・アイライン・リップ

1週間経つと、施術をした患部のかさぶたは完全に剥がれ落ちます。施術直後の赤みは治まり、見た目はかなり落ち着きますが、注入した色素も薄くなってしまいます。
例えば、アイラインへの施術をした場合、リキッドからペンシルで描いたような濃さに変化するわけです。施術した箇所が薄くなってしまうと「もしかして失敗?」と焦ってしまうでしょう。しかし安心してください、初回の施術ではどうしても薄くなってしまうものなのです。再施術によって調整をしながら、徐々に太さや濃さを調節していきます。

アートメイク施術後1週間までに気をつけること

【施術した患部へのメイク】
施術直後にメイクをすると、患部に雑菌が入って炎症を起こす可能性があるため避けましょう。特にパウダーファンデーションは、患部の色素を変色させる恐れがあるため注意が必要です。
お化粧を落とすために使うオイルクレンジングも、肌に入れた色素を洗い流す恐れがあるため、使用するのは問題となります。お化粧は施術後5日間は行わないようにしましょう。

【まつ毛エクステ・まつ毛パーマ、アイプチなど】
まつ毛エクステ・まつ毛パーマ・アイプチを行うと、患部に雑菌のついた器具などが触れてしまうため、炎症などのトラブルに見舞われる恐れがあります。
アイラインはデリケートな部位であるため、施術後から10日は行わないようにしましょう。

【プール・温泉・サウナ】
これらの施設は、不特定多数の人が利用しているため、水中や人の触れたドアなどにたくさんの雑菌が存在している可能性があります。
傷口に入り込み、患部に炎症が起こるリスクが高いため、施術後1週間は利用しないようにしましょう。

【海や山でのレジャー】
アートメイクの施術を受けたあとは、紫外線を浴び続けることは避ける必要があります。紫外線にはアートメイクの色素を色あせさせるので、発色が薄くなる可能性があるのです。
特に海や山は紫外線の影響を受けやすいため、施術後1週間はアウトドアでのレジャーを避けましょう。

クリニックによって指示は変わる

ここまでアートメイク後に行ってはならないことについて触れてきましたが、上記のことは必ずしもどのクリニックにも当てはまるわけではありません。クリニックによって、方針や施術方法は異なります。施術を受ける時は、担当の医師の指示に従い、適切に過ごしましょう。

アートメイクが落ち着いたら2回目の施術へ

物足りない見た目になる?1週間後の状態

施術から1週間経つと、赤みやかさぶたも一旦落ち着きますしかし、肌の代謝で色素も落ちてしまうため、想像していたよりも物足りない見た目になってしまうでしょう。「まさかこれで終わり?」と焦ってしまう人もいるでしょうが、ちゃんと2回目、3回目の施術で色素がしっかりつくので問題はありません。

アートメイクを2回~3回にわけて施術する理由

アートメイクの施術が複数回にわけて行われるのは、施術後の仕上がりを綺麗にするためです。初回の施術では色素は定着しづらいですが、2回~3回にわけて行うことで、しっかりと定着させることができます。また、少しずつ調整しながら色素を注入するため、仕上がりがより自然になるのも利点です。

2回目の施術はいつ頃行う?

2回目の施術は、だいたい2週間以上経過してから行います。2週間以上の間隔をあける理由は、肌のダメージを回復させるためです。肌の状態が安定していないと、アートメイクによる色素も定着しづらくなります。そのため、2週間は肌を休ませる必要があるのです。
2回目の施術は、きっちり2週間に1回行うわけではありません。1ヵ月~2ヵ月の期間をあけても問題はないので、スケジュールの都合に合わせて受けることもできます。

アートメイク施術から1週間は我慢の期間!

施術を受けてから1週間は、お化粧をして外に出ることができません。家の中でほとんどの時間を過ごし、外へ出るにもサングラスや帽子は手放せなくなるでしょう。
しばらくは不便な思いをしますが、これも綺麗になるための試練の1つだと考えれば、耐えることもできるはず。施術を完了したあとは、綺麗になった姿でレジャーやショッピングを思い切り楽しみましょう。

関連キーワード
  • アートメイクマシンってどんな機械?手彫りの施術との違いを比較!
  • アートメイクの施術のダウンタイムは?術後経過は?
  • アートメイクで自然な眉は作れる?今と昔の技術を徹底比較!
  • 医療機関のメディカルアートメイクで理想の美しさを手に入れよう!
  • まつ毛の調整
    理想の目元へ!アートメイクの「落ちない」「にじまない」アイライン
  • アートメイク失敗
    アートメイクの失敗はなぜ起こる?原因と対処法
おすすめの記事