アートメイクは、眉やアイラインなどを綺麗に整えられる人気の施術です。しかし、具体的な方法を知らず、どのような施術を受けるのか不安に思う方も多いようです。そこで、アートメイクが気になっている皆様のために、アートメイク施術の流れをご紹介します。

アートメイクはどのような施術なのか?

アートメイクとは

アートメイクは眉・アイライン・リップラインなどに色素を入れることで、理想のラインを定着させることができる施術です。余計な時間をかけることなく、整ったラインを維持できるので、女性はもちろん男性にも愛用者が増えています。皮膚に色を入れるというと、刺青・タトゥーを思い浮かべるかもしれませんが、少し違っています。刺青・タトゥーは真皮という深い部分に色を入れるので、一度入れた色が落ちることはありません。アートメイクの場合は、皮膚の表皮という浅い部分に入れるため、自然な仕上がりにすることができます。

アートメイクが人気になっている理由

アートメイクを受けるメリットについて、何となくは分かっていても、具体的にはピンとこないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、アートメイクを受けるメリットを簡単にまとめてみました。

1.メイクにかかる時間を短くできる
2.目元のメイクが苦手な人も綺麗なラインにできる
3.理想のラインを常にキープできる
4.水や汗で濡れても色が落ちない
5.眉に傷跡がある方でも目立たなくできる

このように多くのメリットがある施術がアートメイクです。ですが、なかには無許可で施術を行う悪質なサロンもあります。それでは、どこでなら安全な施術を受けることができるのでしょうか。理由と一緒に紹介していきます。

アートメイクはどこで受けられるのか

実はアートメイクは厚生労働省によって「医療行為」の一種として定義されています。そのため、アートメイクを行うことができるのは、医師や看護師・准看護師などの医療に携わる資格を持った人だけです。美容サロンにも、資格を持ったスタッフが在籍しているところもありますが、医療行為であるからには、設備や衛生環境も必要です。そのため、かならず設備がきっちりと揃えられた「美容クリニック」を選びましょう。医療行為という文字を見ると、難しそうな施術だと不安に思う方もいるかもしれませんが、心配は要りません。きちんとした資格と設備が整ったクリニックなら、それほど手間もかからずに、安全な施術を受けられます。次はアートメイク施術の詳しい流れをみていきましょう。

アートメイク施術の手順

アートメイクがクリニックで受けることは分かりましたが、クリニックではどのような施術を受けるのでしょうか?その疑問にお答えするため、クリニックの探し方から施術本番、終了後のケアまで含めた手順を紹介していきます。

1.クリニック選び

アートメイクは医療行為の一種であるため、クリニックを選ぶことが重要なことは、すでに確認しましたね。しかし、美容クリニックならどこでもアートメイクを受けられるというわけでもありません。そこで、クリニックを選ぶ条件としてとして「日本メディカルアートメイク協会」に所属しているクリニックを探すと良いでしょう。日本メディカルアートメイク協会は、医療機関による最良の技術と信頼を提供するために発足した協会です。そのため、この協会に属しているクリニックなら安心して施術を受けられます。

2.カウンセリング

クリニックへ足を運んだら、まずはどのような仕上がりにするのかを決めていきます。担当するスタッフに希望を伝え、最適なラインを選びましょう。ちなみにアートメイクは、2年~3年程度の期間で徐々に薄くなりますが、除去しなければ完全には消えません。そのため、ベーシックで書き足しやすいデザインを選ぶと良いでしょう。デザインを決定したらアイライナーなどで下書きを行い、施術に移ります。

3.施術本番1回目

アートメイクの施術は、医療用の針を使い希望の位置に色を入れていきます。施術にかかる時間は、濃さや位置にもよりますが、長くても1時間~2時間以内には終わります。針を入れるとは言っても、麻酔クリームやジェルを塗布してから、浅い位置に入れていくので、毛抜きで毛を抜く程度の痛みしかありません。特に眉への施術はほとんど痛みを感じないので、麻酔なしで行う方も多いようです。またアートメイクを自然な仕上がりに定着させるためには、2回から3回に分けて施術を行うことが必要で次の施術は、約2週間後に行います。それまで、どのようなケアを行うと良いのかもみていきましょう。

4.次の施術までのケア

施術が終わった後は、ワセリンなどで施術した個所を保護することが必要です。当日は、その部分の洗顔は避けて翌日以降も、こすり過ぎないようにゆっくりと洗いましょう。メイクも施術した部分は、1週間ほどは避けることが必要です。このころには、カサブタも落ちて通常の肌と同じ状態まで回復します。また、施術が終わった直後に、人によって腫れや赤みが出ることもありますが、基本的には気になるほどではありません。ただし水分の摂りすぎは、むくみやすくなるので注意してください。特にアルコールは控えておくと良いでしょう。

5.施術2~3回目
2~3回目の施術も、1回目の施術と同じ流れで行います。1回目はベースで、カサブタも落ちるため、少し薄めの仕上がりになりますが、2・3回目の施術で希望の通りの濃さに仕上げるのです。以上でアートメイクの施術は終了。2・3回目の終了後も1回目と同じく、施術部分のケアに気をつけることが必要、最後に施術後に長持ちさせるためのケアも確認していきましょう。

6・施術終了後のケア
アートメイクの効果は短い方でも2年、長い方では5年程度も効果がある方もいるそうです。基本的には「4.」で紹介したことと同じようにケアを行いましょう。クリニックによっては、長持ちさせるためにメンテナンスやアフターフォローを受け付けているところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。また逆に、2年~3年後に自然に薄くなるのを待ち、流行のスタイルに描き直すという方法で楽しんでいる方もいるようです。どのようなやり方が自分に適しているのか参考にするために、次は体験者の口コミを紹介していきます。

アートメイク体験者の口コミ情報

次はアートメイクを受けた経験がある方の口コミ情報を集めました。実際の施術の感想や、施術の前後に気をつけておいた方が良いことについて聞いてみましょう。

口コミ1 20代 Yさん

私がしてもらったのは、眉とアイラインのアートメイクでした。眉と違ってアイラインは痛いという人もいると説明してもらったんですが、麻酔クリームを使ってもらったので、ぜんぜん気になりませんでした。アートメイクを受けて良かったと思えたことは、周囲から褒められることが増えたことですね。目元の印象が良くなったおかげなのか、前よりも表情が明るくなったって褒めてもらえることが増えて、すごくうれしいです。

口コミ2 40代 Aさん

私は眉が薄いので、毎日アイラインを引き直すのが面倒で、何かよい方法はないかと探していました。そうしたら雑誌の特集でアートメイクについて取り上げていたので、思い切ってやってもらうことにしました。雑誌には違法なサロンでアートメイクを受けて、失敗したという例も載っていたので、経験が長いスタッフさんがいるクリニックを選びました。

口コミ3 20代 Hさん メイクが崩れるのが悩みだった

ジョギングが趣味なので、毎回走りに行くたびに汗でメイクが崩れるのが悩みでした。かといって、すっぴんで走るのもイヤなので、アートメイクを受けることにしました。アートメイクはわりと痛いっていう意見と、ほとんど気にならなかったっていう意見が両方あるみたいですけど、私の場合はぜんぜん気にならなかったですね。そのおかげで、いちいち眉を引き直す必要がなくなって、毎日のジョギングも快適になりました。

口コミ4 20代 Kさん

茨城に住んでいるのですが、ちょっと遠出して評判の良い東京のクリニックで施術してもらいました。眉を描くのが下手で、気に入った形に整えるまで何度も描き直すことが多いので、アートメイクで眉を描いてもらいました。アートメイクが使えるのは3年ぐらいだと説明を受けたので、薄くなってきたら絶対にまたやってもらおうと思っています。

口コミ5 30代 Yさん

眉のアートメイクを施術してもらいました。左右の眉で生え際が違っているので、自分で描こうとするとうまくいかないので、それがきっかけでした。朝のメイクの時間も手際よくできるようになったので、気持ち的に余裕が持てるようになったので、受けて良かったです。施術後に気をつけているところは、紫外線に当たらないようにしていることぐらいですね。

アートメイクはクリニックなら安全に受けられる

アートメイクの施術の流れと、体験者の感想はいかがでしたか?
思っていたよりも、実際はとても簡単だと分かって驚いた方も多いのではないでしょうか。手間をかけずに、安全に施術を受けるためにも、ぜひアートメイクの施術は正式な資格を持った医師や看護師がいるクリニックで行ってもらいましょう。

関連キーワード
  • アートメイクは落ちないメイク!ダウンタイム期間はどれくらい?
  • 手間取る目元の化粧はアートメイクが解決してくれる!
  • アートメイクとはどんな流れで施術をするの?
  • 初心者は要チェック!アートメイク探しに役立つ5つの比較ポイント
  • アートメイクマシンってどんな機械?手彫りの施術との違いを比較!
  • アートメイクの施術のダウンタイムは?術後経過は?
おすすめの記事