「眉毛が薄いという悩みを解消したい」

「毎日のメイクを楽にしたい」

「汗や水に濡れても落ちないメイクを施したい」

などの理由でアートメイクの施術を希望する方は多いです。アートメイクの施術を受ける際に重要視するのは、「価格」や「場所」、「評判」など人によって様々だと思います。

 

しかし、安全な環境で理想の眉毛やアイライン、リップラインを入れてもらうためには、アートメイクの施術が行える人はどのような資格が必要なのか、どのようなサロンが違法なのかを把握しておくことが一番大切です。

アートメイクの施術をするために必要な資格

アートメイクの施術を受けて、理想の眉毛やアイライン、リップラインを手に入れたいと考えている方は、アートメイクの施術者にはどのような資格が必要なのかを知っておきましょう。

 

アートメイクは平成17年に医療行為として認定されており、施術を行うためには必ず医師免許が必要です。肌に針を通して皮下に色素を入れる施術方法は、医師法の範疇になり、しっかりとした衛生管理で安全性を確保しなければ、思わぬトラブルや問題が発生する可能性が高くなります。

また、アートメイクの施術は医師免許を所持している医師のみしか行えないわけではなく、医師の指示があれば看護師もアートメイクの施術を施すことができます。そのため、クリニックを探す際は、前提としてアートメイクの施術を行う資格を持っている医師がいる、美容クリニックなどの医療機関から選ぶようにしましょう。

なぜ資格が必要なのか

アートメイクの施術を施すには医師免許が必要なことが分かりましたが、「なぜ、医師免許が必要なのか」という理由も併せて知っておくことが重要です。

施術に針を使うため

アートメイクは皮膚の浅い部分に針を刺して色を入れるので、刺青のように一生消えないものではなく、年月とともに徐々に薄くなっていきます。しかし、アートメイクの施術方法は基本的に針で肌を傷つけながら色素を入れるため、医療の知識がない方が施術を行うとウイルス感染や肺炎などのリスクが高くなります。そのため、知識がある医師が施術を行わなければいけません。

施術時に麻酔を使用する場合があるため

痛みに敏感な方にとっては、アートメイクの施術中の痛みを我慢できなくなる場合があります。そのような状況を改善するために、クリニックでは麻酔を使用します。麻酔には専用の麻酔クリームを使用する所が多く、眉毛やアイラインなどは麻酔を施すと痛みを大きく軽減することができます。しかし、痛みを感じやすいリップラインの施術をする場合は、注射麻酔を行う所もあるので、ちゃんと医療知識を身につけている医師が施術を行っているクリニックを選ぶことが大切です。

医師じゃないと針や色素の購入ができないため

医療行為に定められている、アートメイクの施術に必要な「針」や「色素」、また施術に使用する「マシーン」などは、医師免許を持っている方しか購入することができません。なお、看護師も購入することはできないので、しっかりとした施術環境を整えることができるのは、アートメイクの施術資格を持っているクリニックだけです。

 

無資格で施術を行っている違法サロンとは

ここまで、アートメイクの施術には医師の資格が必要なことを説明しました。しかし、医療行為として定められているアートメイクを、資格がない個人サロンが施術を行っているケースをいまだによく見ます。

そこで、施術を希望する方が施術資格を持っていない違法サロンを選んでしまう理由と、無資格サロンを選ばないようにするための注意点について情報をまとめたので、資格を持っている所で、安全にアートメイクの施術を受けたいと考えている方は、ぜひ、参考にしてください。

無資格で施術を行っている違法サロンを選んでしまう理由

アートメイクの施術を受けたい方がクリニック探しをした際に、なぜ資格を持っていない違法サロンなどを選んでしまうのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

ただ安く施術が受けられるクリニックを探したため

アートメイクは安い価格で施術が受けられるものではないので、少しでも安い所で施術を受けたいと考える方は多いと思います。しかし、サロンの方が医療機関のアートメイク価格よりも安い場合が多いため、安易に安い所を見て違法サロンを選んでしまう方も多いようです。

需要に対してアートメイクの施術を行っている医療機関の数が少ない

アートメイクの施術を受ける理由は時代とともに変化しており、若さを保ちたい年配の方が主流だった時代から、美しさを手に入れたい20代の若い方もアートメイクの施術を受けるようになりました。そのため、アートメイクの需要がどんどん増加しているなかで、アートメイクの施術を行っている医療機関が需要に追いついていない現状も理由のひとつと言われています。

知り合いのサロンで違法と知らずに施術を受けてしまう

知り合いがいるサロンなどが、アートメイクの施術を始めたという理由で、眉毛やアイラインの施術を勧められることもあります。その場合、知り合いということもあり、何も調べずにメイクと同じ感覚で施術を受けてしまうケースもあります。

無資格のサロンで施術を受けないために注意しておくポイント

色々な理由で違法サロンを選んでしまうケースがあることが分かりましたが、違法サロンを選んでしまわないためには、どのような点に注意すればいいのか、見ていきましょう。

医療機関と提携していても施術はできない

基本的にアートメイクを施術することができる医師は、医療機関に勤めています。一般的に医療機関とは「病院、医院、クリニック、診療所」などを指しています。医師免許を持っていないサロンの宣伝に「医療機関と提携しています」との文章を見ることがありますが、提携していても医師免許を持つ人がいなければ、アートメイクの施術をすることはできません。

スクールに通っていても医師免許を持っていなければ無資格

アートメイクのスクールに通って技術を身につけたから大丈夫、という説明をするサロンがありますが、アートメイクの技術を身につけていても、医療行為として施術を行うためには医師免許が必要です。

看護師でも医師の指導の下でしか施術を行うことができない

看護師は、クリニックでは医師の指示の元でアートメイクの施術を行うことができますが、医師の指示がなければ施術を行うことはできないので、個人経営のサロンや自宅でアートメイクの施術を行うことは違法です。

 

資格を持っているクリニックを探す時の3つのポイント

ちゃんと資格を持っているクリニックを、どのようにして探せばいいか分からずに悩んでいる方も多いかと思います。そこで、安心してアートメイクの施術を受けられるクリニック探しのポイントを3つご紹介するので、押さえておきましょう。

 

・ホームページなどに施術者の経歴や情報がしっかりと載っているクリニックを選ぶ

・日本メディカルアートメイク協会のように、医師や看護師で構成されている組織の役員が勤めているクリニックを選ぶ

・医師、看護師のみしか入学できないアートメイク協会のスクールなどを卒業している経歴がある施術担当者を探す

 

クリニックを探す際は、上記3つのポイントを意識しながら探してみるようにしましょう。また、その他にもアートメイクの相場に比べて、料金が安すぎるプランを提供している所は避けることをおすすめします。

クリニックを選ぶ際は資格の有無をしっかりと確認しよう

アートメイクの施術には医師免許が必要です。なかにはアートメイクをメイクの延長と考えてしまい、クリニックやサロン選びをおろそかにしてしまう方もいるかと思います。

 

しかし、アートメイクは医療行為として定められているので、しっかりとしたクリニックで施術を受けないと予期せぬトラブルが発生してしまう可能性があります。それに、トラブルの中には「長い間施術箇所の腫れが引かない」や「アイラインの施術後、目の痛みが治まらなかったので病院へ行ったら、角膜が傷ついていた」などの深刻なものに発展する場合もあります。アートメイクの施術者に「必要な資格」や「違法なサロンを選ばないポイント」などを押さえて、安全に施術を受けられるクリニックを探すようにしましょう。

東京でおすすめのアートメイククリニックを探す東京で眉にアートメイクをするならココ!おすすめのクリニックTOP5
2019.9.30
メイク時間を短縮でき、すっぴんに自信がつくアートメイクですが、選択肢がありすぎてどのクリニックを選ぶべきか迷いますよね。「アートメイクは簡単には消えないから慎重に選ぼう」と悩みすぎて、踏み出せていない人もいるのではないでしょうか。 せっかくお金をかけてアートメイクをするならば、自分が理想とするデザ...…
関連キーワード
  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
  • 施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
    施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
  • お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
    お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
  • アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
    アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
  • 眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
    眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
  • セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
    セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
おすすめの記事
  • アートメイククリニック
    メディカルアートメイクなら川口クリニック!!
    2018年1月10日
  • アートメイク情報
    消したい!除去したい!アートメイクに失敗した人必見!5つの対処法!
    2018年3月30日
  • 女性 メイクのコラム
    アイプチもメイクも綺麗に仕上げたい!失敗しないコツは手順にある?
    2018年9月27日
  • アートメイククリニック
    メディカルアートメイクを受けるなら東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ
    2018年4月30日
  • アートメイク_ジム アートメイク情報
    アートメイク直後にジムに行くことは厳禁?施術直後の過ごし方について
    2019年2月28日
  • アートメイク情報
    アートメイクでデザインを決める時の注意点とは?口コミ・評判情報で紹介
    2018年2月27日
  • アートメイク情報
    今とはどう違う?アートメイクの起源と歴史を知ろう!
    2018年3月30日
  • 女性 メイクのコラム
    眉毛の手入れで失敗しないポイント!眉の基本的な手入れ方法を知ろう
    2018年9月27日
  • メイクが苦手な人に朗報!最低限のメイクで済ませられるアートメイク メイクのコラム
    メイクが苦手な人に朗報!最低限のメイクで済ませられるアートメイクの魅力
    2018年8月31日
  • アートメイク情報
    アートメイクでほくろを入れる前に知っておきたい効果や注意点
    2018年5月31日
  • アートメイク情報
    眉のアートメイクの持続期間はどれくらい?施術前に知っておくべきこと
    2018年2月27日
  • アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます! アートメイク情報
    アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
    2019年8月21日
おすすめの記事