眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法

すっぴんでも、まるで本物のような眉毛を維持できるアートメイク。2~3年ほどは色が落ちないため、「メイクにかける時間を短縮できる」「すっぴんでも怖くない!」と、女性たちから人気を誇っています。

 

これはつまり、アートメイクをするうえでは「肌に馴染む自然な色かどうか」がとても重要なポイントだということ。しかし、いざ施術をしてみたら、想像以上に色が濃くて驚いた……なんて声もよく聞きます。

 

そこで今回は、眉毛のアートメイクの種類や施術直後に色が濃い理由、濃いと感じた際に気をつけるポイント、対策方法についてお伝えします。

 

仕上がりがまったく違う!眉毛アートメイクの2つの技法

 

まずは、眉毛のアートメイクの技法について簡単にご説明します。手彫りと機械彫りの2種類があり、メイクをしたようなデザインか、すっぴんに馴染む自然なデザインかで技法を使い分けます。

 

後程ご説明しますが、どちらの技法でアートメイクを施すかによって、色の滲みや濃さが変わるのです。

 

手彫り

 

手彫りとはペン型の器具の先端に針をつけ、1本1本描くように色素を入れる技法です。「4Dアートメイク」「4Dストローク」とも呼ばれ、至近距離で見てもアートメイクとバレないほど自然で立体的な眉毛に仕上がります。

 

すっぴんに馴染むデザインを希望している人だけでなく、美意識の高い男性にも人気を誇っており、自眉が半分以上ある人・眉毛が普通~太めの毛の人にオススメです。

 

機械彫りとは違って痛みを感じやすく、施術から2週間ほど経過するとところどころ色素が抜け、ムラが出てしまう点がデメリットと言えるでしょう。

 

機械彫り

 

機械彫りとは専用マシンを使って色素を入れる技法です。機械といっても完全に自動ではなく、施術担当者が手に持って施術を行います。

 

眉毛の輪郭の内側をパウダー状に染色するため、アイブロウパウダーでメイクをしたようにふんわりと仕上がります。手彫りと比べて痛みが少なく、高速で動くマシンを使うため施術時間が短いです。デメリットは、メイクをした時のように仕上がり、すっぴんでは眉毛だけ浮いてしまう点でしょう。

 

とはいえ、手彫りと機械彫りのどちらかを選ばなければならないわけではありません。たとえば輪郭は機械彫りでパウダー風に描き、手彫りで1本1本毛並みを描いていくなどの「コンビネーション」も可能です。

 

クリニックによってプランが異なるため、「コンビネーション」を希望している人は施術可能な場所を探しましょう。デザインに関しては、施術担当者と相談しながら検討してみてください。

 

アートメイク後に眉毛が濃くなる理由とは?

 

施術担当者とデザインについて話し合ってから挑んだにも関わらず、施術後に鏡を見てみたら海苔を貼ったような眉毛になっていた!なんて、とてもショックですよね。失敗したのかもしれないと不安に思う人もいるでしょう。

 

施術後の眉毛の色が濃くなってしまう理由としては、3つ考えられます。

 

少し濃いめの染料を使用するから

 

そもそもアートメイクでは、色素を定着させるために少し濃い色で染色することがあります。それは、施術後に出来たかさぶたが取れる際に、色素も一緒に落ちてしまうからなのです。色素が抜けた時に理想とする眉毛になるように、色を調節しているのでしょう。

 

機械彫りをしたから

 

手彫りと機械彫りを比べると、機械彫りの方が染料が滲みやすいと言われています。塗りつぶしたような、あるいは海苔を貼り付けたような眉毛になってしまうこともあるようです。
もちろん、機械彫りにも時間を短縮できる・ふわっとした眉毛に仕上がるなどのメリットはありますが、色が濃くなることを絶対に避けたいのであれば、手彫りを選びましょう。

 

施術担当者に実績や経験がないから

 

手彫り、機械彫りのどちらであっても、施術担当者の技術にかかっていることは間違いありません。実績や経験のない施術者に任せてしまうと、色が濃くなるだけでなく、思い通りのデザインにならない・左右非対称・副作用が出るなど、仕上がりが大きく変わってしまう可能性もあるのです。

 

アートメイクは、2~3年ほど色が残ります。施術を依頼する前には、実績や経験などを調べ、SNSなどを利用して口コミもチェックしておくと良いでしょう。

 

色が濃くなった際に気をつけるべき点と、対策方法

 

次に、色が濃くなった際・かさぶたが出来た際に気をつけるべき点、そして対策方法についてお伝えします。

 

施術直後の刺激、かさぶた剥がしは禁止

 

先述の通り、アートメイク後に出来たかさぶたが取れる際に、色素も一緒に落ちることがほとんどです。かさぶたが取れると、肌に馴染む自然な眉毛になります。

 

しかし、自分の理想通りの眉毛にならなかったからといって施術直後に刺激を与えたり、かさぶたを無理に剥がしたりすると、本来定着するはずだった色が落ちてしまうのです。するとアートメイクにムラが出来てしまったり、痛みや腫れ・赤みを引き起こしてしまいます。

 

「アートメイクは肌のターンオーバーによって色素が薄くなっていく」ことを念頭に置いて、むやみに触らず、しばらく待ってみましょう。

 

余裕を持ったスケジュールを組もう

 

上記のような心持ちでいても、色素が薄くなるまでのあいだ、濃い色の眉毛のままで過ごすのは恥ずかしいと思う人もいるでしょう。

 

ですから、これから施術をしたいと考えている人は、2、3日ほど外出せずに済むスケジュールを組むことをオススメします。時間に余裕があれば、色が想像以上に濃くなったり、腫れや赤みが出たりしても安心ですよね。

 

そして、どうしても休みが取れず外に出なければならない人は、濃い眉毛に視線の行かないサングラスやフチの太い眼鏡をかけてみてください。イメージチェンジを考えているのであれば、眉毛が隠れる長さの前髪にするのも良いですね。

 

レーザーや外科手術で色素を除去できる

 

施術後にしばらく待ってみても色素が一向に抜けない場合には、レーザーや切除法、肌色の色素を用いたカモフラージュテクニック、外科手術を利用して色素を除去する方法もあります。

 

レーザー除去は最も肌ダメージが少ないですが、効果を得られない人も多いです。その場合、上まぶたのたるみも一緒に除去してくれる切除法や、肌色の色素で染色してカモフラージュする方法を取り入れます。

 

外科手術であれば完全に除去できますが、保険が効かないため高額な費用を払わなければなりません。手術を受けたことにより肌がケロイド上になってしまう可能性もあるため、金額的にも身体的にもデメリットがかなり大きいと言えます。

 

色素を抜きたいのであれば、信頼できる医療機関に相談してから慎重に選びましょう。

 

さいごに

 

アートメイクを施術した後に色が濃いと感じても、あたふたせず、むやみに触らず、色素が落ちるのを待つことが大切です。かさぶたが出来ても剥がさない、洗顔時には出来るだけ手を触れないなど、刺激を与えないように注意しましょう。

 

しばらく待っても色が抜けない場合、レーザー除去や外科手術も受けられますが、最終手段として残しておくことをオススメします。

 

アートメイクを施した部位とは、数年間付き合っていかなければなりません。ですから、クリニックや施術者、技法などを事前にしっかりと調べ、自分の選択に責任を持って施術を受けましょう。

 

  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
  • 施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
    施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
  • お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
    お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
  • アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
    アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
  • 眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
    眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
  • セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
    セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    眉のアートメイクの持続期間はどれくらい?施術前に知っておくべきこと
    2018年2月27日
  • 細い眉毛がナチュラル眉毛に大変身!そのメイク方法とポイントとは? メイクのコラム
    細い眉毛がナチュラル眉毛に大変身!?そのメイク方法とポイントとは?
    2018年8月31日
  • アートメイク情報
    初めての女性必見!リップ(唇)アートメイクの痛み・経過・失敗例
    2018年2月27日
  • アートメイク 修正 アートメイク情報
    気に入らないアートメイクは修正できる?リタッチでデザインを自分好みに変更する方法とは
    2019年3月20日
  • アートメイク情報
    芸能人にも大人気のアートメイク!美しい顔の秘密は眉毛の形とバランス
    2018年6月30日
  • アートメイク情報
    クリニックで受けるアートメイク!一般的な施術の流れとケアの方法
    2018年3月30日
  • アートメイク情報
    アートメイクとまつげエクステは両立できないってホント?
    2018年2月27日
  • アートメイク情報
    アートメイクでデザインを決める時の注意点とは?口コミ・評判情報で紹介
    2018年2月27日
  • アートメイク情報
    アイラインのアートメイク後にできるかさぶたはどんなもの?痛い?
    2018年4月30日
  • 施術前に知っておきたいアートメイク施術口コミ|悪い口コミ編 アートメイク情報
    施術前に知っておきたいアートメイク施術口コミ|悪い口コミ・評判編
    2018年7月31日
  • 走る女性 アートメイク情報
    汗に負けない!ランニング時のメイクのポイントとアートメイクの魅力
    2018年10月31日
  • AVENUE CLINIC アートメイククリニック
    アヴェニュークリニック六本木の特徴や口コミ・評判
    2017年11月30日
おすすめの記事