まるでナチュラルメイクを施したように、自然な眉毛やアイランをつくることができるのがアートメイクです。さまざまな研究や開発が重ねられ、現在の自然な仕上がりを目指すことができるようになりましたが、その高度な技術が確立するまでには、長い道程がありました。アートメイクにはどんな起源があるのか、現在のアートメイクの施術方法はどんなものなのかなど、アートメイクの歴史について深く掘り下げてみましょう。

深い歴史を持つアートメイクの起源

今では多くの方が利用しているアートメイクですが、どのようなことがきっかけで誕生したのでしょうか?まずはアートメイクの原点から見ていきましょう。

原点は中国

約3,000年前、中国では「眉毛の薄い女性は幸せになることができない」という言い伝えがありました。占いが盛んな中国では、顔の特徴を見て性格や運勢を判断する「人相学」も取り入れられていたため、このように眉毛の濃さも重要視されていたのです。その言い伝えを耳にした女性たちは、運勢が下がってしまうのを恐れ、眉毛を描いて濃くするようになりました。

女性たちの工夫により誕生

初めは墨を用いて眉毛を描くことから始まりましたが、せっかく描いた眉毛は、汗や水ですぐに落ちてしまいます。何度も描き直していた女性たちですが、手間がかかることと運勢が落ちてしまうことが気になり、さまざまな工夫を凝らすようになりました。そしてたどり着いたのが、直接肌を染めて眉毛を描くという方法です。この考えと工夫こそが、後のアートメイクの原型になったといわれています。

 

マスカラ中の茶髪の女性
安心して相談できるクリニックランキングはこちら【最新】東京でおすすめのメディカルアートメイククリニックTOP8
2019.9.30
東京で施術を受けるなら”メディカルアートメイク”を行なっているところがおすすめ 「水に濡れても落ちない」「24時間365日、美しい状態をキープできる」と話題のアートメイク。施術後の数年は落ちないためメイクを時短できますし、魅力的なメリットに試してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。 ...…

中国から台湾、そしてアメリカへ

中国で生まれた眉毛の染色技術は、台湾に伝わり、後にアメリカへと広がっていきます。

感銘を受けたアメリカ人の美容家

中国で広まった眉毛の染色技術は、大陸を伝って台湾へと流れ、そこでも大ブームを起こしました。ちょうどその頃、アメリカ人の美容家が台湾へ旅行に訪れ、眉毛の染色技術を目にします。美容家はその染色技術をとても気に入り、技術を学ぶことにしたのです。

研究が重ねられ現在の形に

眉毛の染色技術を気に入ったアメリカ人の美容家は、そのまま台湾で技術を学ぶことにします。そして学んだ技術を母国へ持ち帰り、さらなる研究を重ねることにしました。そして誕生したのが、現在のアートメイクに近い、色が落ちない化粧法というものです。

進化を遂げたアートメイク

アメリカへと渡った眉毛の染色技術は、その後さまざまな研究が重ねられ、より良いものへと進化を遂げます。この研究のおかげで、現在のアートメイクは安全に利用することができるようになりました。

続けられた色素の研究

アメリカではさらに研究が続けられ、染色に用いる色素の研究も行われるようになりました。そこで誕生したのが、現在も用いられている天然の色素を使った染色方法です。この天然の色素により安全性も確保されたため、アートメイクは美容目的の施術だけでなく、医療補助の技術としても活躍の場を広げるようになります。

医療補助技術として用いられるように

現在アートメイクは、単に美容の技術というだけでなく、医療補助技術の一つとしても重宝されるようになりました。白斑などの皮膚疾患、外傷による疵痕の修復や、乳輪の再建などでも利用されています。眉毛を濃くして運勢を上げるという目的で用いられていた染色技術は、後に美容目的で研究を重ねられ、今では医療補助の技術としても用いられるようになったのです。

日本に伝わったのは約30年前

アートメイクという名は、日本に渡ってから考えられたものです。ここでは、日本に伝わってからのアートメイクの歴史について紹介したいと思います。

アートメイクの正式名

医療補助の技術として活用できるまで発展したアートメイクですが、日本に伝わったのは30年~40年ほど前のことです。アメリカから世界各国へ広まり、日本にもその技術がたどり着きました。

正式名は「パーマネントメイクアップ(Permanent makeup)」といいますが、日本人が理解しやすいように「アートメイク」という俗語が考えられ、現在もその呼び名が利用されています。

技術の進歩で値段もリーズナブルに

アートメイクが日本で普及し始めた当時は、道具が少なく今よりも手間と時間がかなりかかっていました。そのため一箇所の施術に15万円以上かかるのは当たり前で、なかなか手を出せるものではなく、今のように気軽に施術を受けるということはできなかったのです。

しかし、時代の進化とともに海外の技術を取り入れた機器が普及し、時間も手間もかからなくなったため、次第に値段もリーズナブルなものになりました。

値段がリーズナブルになったアートメイク

医療機関によって値段は異なりますが、以前よりもかなり安く施術が受けられるようになりました。人気がある眉毛のアートメイクなら、10万円前後でふんわりとしたナチュラル眉を手に入れることができます。そのため日本国内でも気軽に施術が受けられるようになり、多くの女性が美容目的で利用するようになりました。日本ではまだまだ歴史の浅いアートメイクですが、日本人の繊細な手先と海外の技術を組み合わせ、現在も施術方法が開発されています。

現在の施術方法

今もなお施術方法が開発されるアートメイクですが、現在の施術方法とは一体どのようなものなのでしょうか。使用する機械や、どうやって着色するのかなど、説明します。

2種類の施術方法

現在のアートメイクでは、「マシン」か「手彫り」という2種類の施術方法を用いています。マシンは針が自動的に動いて皮膚に色を入れるもので、手彫りはペンのような機器を用いて人の手によって皮膚に色を入れていくものです。

マシンなら短時間で仕上げられる、手彫りなら細かい部分まで再現できるというような特徴がそれぞれにあり、部位によってマシンと手彫りを使い分けることもあります。どちらを選ぶかで料金も異なるので、事前の確認が大切です。

皮膚の浅い部分に着色

アートメイクは表皮下0.01mmほどの非常に浅い部分に針を使って色素を入れるため、強く色が残ってしまうということもなく、自然に薄くなっていきます。そのため持続年数は3~5年ほどですが、薄くなった頃に色や形を微調整することができるというメリットがあるのです。薄くなったと感じる時期に合わせて定期的なメンテナンスをすることで、美しさもきちんと保つことができます。

医療機関では安全面や衛生面も考慮

肌に触れる針の部分は使い捨てになっているので、感染症の心配もなく、衛生面も考慮されています。そして品質基準を満たした安全な成分の色素を使っているため、安全性も高いといえるのです。また、アートメイクは針を用いるため、人によって強い痛みを感じることがありますが、医療機関なら麻酔を使うので安心して施術を受けることができます。

アートメイクについてもっと詳しく知るための記事クリニックで受けるアートメイク!一般的な施術の流れとケアの方法
2019.6.20
朝のメイクが楽になる、海やプールで水に濡れてもメイクが落ちないなど、アートメイクの施術には様々な魅力があります。そのため、気軽に施術を受ける方が増えていますが、失敗してしまわないためにも、どんな施術なのかということを事前に学んでおく必要があります。 もとに戻したいと思ってもすぐに戻せるものではない...…

安心安全の医療機関でアートメイクを受けよう!

現在は美容目的、医療補助目的で利用されているアートメイクですが、始まりは中国の人相学がきっかけになっていたのですね。現在の人相学でも、眉毛の形は重要視されているため納得できます。初めは墨で描くだけの方法でしたが、次第に皮膚を直接染めるようになり、現在では表皮の部分に針で色を入れるようになりました。

中国から台湾に渡り、そしてアメリカで開発が続けられたアートメイクは、現在世界各国で利用されるまでになっています。日本でもアートメイクを取り扱う医療機関が増えているため、国内でも気軽に施術を受けられるようになりました。

 

アートメイクにはマシン彫りや手掘りといった施術方法があるので、自分に合った方法、予算に合ったメニューを取り扱う医療機関を探してみてください。医師免許を持った医師のいる機関なら、安全面や衛生面もしっかりと考慮されているので、安心して施術を受けることができるでしょう。

 

アートメイクについてもっと詳しく知るための記事手間取る目元の化粧はアートメイクが全部解決してくれる!
2019.6.20
「眉毛がうまく描けない」「お化粧時間を短縮したい」そういった女性の悩みをアートメイクで解決できます。働く女性の朝にゆとりをあたえ、休日のメイクの時間も短縮できます。忙しい女性にこそ、アートメイクのメリットは大きく感じられるのかもしれません。 アートメイクを入れるとこんなに化粧が簡単になる! アートメ...…
関連キーワード
  • 眉アートメイクはどの技法がおすすめ?グラデーション、3D、4Dの違い
  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
  • 施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
    施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
  • お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
    お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
  • アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
    アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
  • 眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
    眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    初心者は要チェック!アートメイク探しに役立つ5つの比較ポイント!
    2018年1月26日
  • 走る女性 アートメイク情報
    汗に負けない!ランニング時のメイクのポイントとアートメイクの魅力
    2018年10月31日
  • 女の人 アートメイク情報
    季節の変わり目に起こる「ゆらぎ肌」にはメイク技術・アートメイクで決まり!
    2018年10月31日
  • アートメイク情報
    アートメイクとは?どんな流れで施術をするの?
    2018年1月26日
  • アートメイク情報
    クリニックで受けるアートメイク!一般的な施術の流れとケアの方法
    2018年3月30日
  • もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法 未分類
    もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法
    2019年9月25日
  • アートメイク情報
    東京で眉にアートメイクをするならココ!おすすめのクリニックTOP5
    2018年12月26日
  • アートメイク情報
    旅行のついでにアートメイク⁉海外で施術を受ける時の問題点・注意点
    2018年12月11日
  • お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク アートメイク情報
    お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
    2019年8月21日
  • アートメイククリニック
    メディカルアートメイクなら高輪皮膚科・形成外科!
    2018年1月10日
  • アートメイク情報
    4Dアートメイクで自然な眉は作れる?今と昔の技術を徹底比較します!
    2017年11月30日
  • アートメイク情報
    アートメイクの人気パーツとは?それぞれの施術費用や維持費について
    2018年3月30日
おすすめの記事