末広二重_メイク

二重には、大きく分けて「末広二重」と「平行二重」の二種類があります。目頭側は二重の幅が狭く、目尻にかけて幅が広くなるタイプが末広二重で、目頭から目尻までの二重の幅が一定なタイプが平行二重です。日本人は末広二重のタイプが多いと言われており、並行二重に比べて二重幅が狭いことに悩んでいる人も少なくはないでしょう。

 

そこで今回は二重の幅を広く見せるアイメイクと併せて、むくみなどを解消し二重の幅を広く見せる方法をまとめました。パッチリした二重を手に入れたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

二重の幅を広く見せるメイクのポイント

二重の幅によって、目元の印象は大きく変わります。こちらでは二重幅をより広く見せたいと考えている末広二重の人に向けて、押さえてほしい7つのメイクポイントをご紹介します。

1.アイラインは細く引く

アイラインを太く引くと二重の幅がアイラインでつぶれてしまい、目元の印象が鋭くなるためなるべく細く引くようにするか、目立たないようにまつげの隙間を埋める程度にしましょう。まつげの隙間を埋めるようにアイラインを引く際は、まぶたを軽く持ち上げ、下側から小刻みにまつ毛の根本を埋めるようにするときれいに引けます。

 

また、末広二重の場合、目頭部分の二重幅が狭いためそこまでアイラインを描いてしまうとよれたり滲んだりして崩れてしまいます。メイク崩れが気になる場合は黒目の上まぶた中央から目尻にかけてアイラインを入れて、目頭にはあまり入れないようにしましょう。

2.ダブルラインで二重を強調する

二重の線が薄く、目元がパッとしない場合は二重幅に合わせてダブルラインを引きましょう。二重のラインに合わせてラインを引くことで二重を強調し、目元をパッチリ大きく見せることができます。ダブルラインを引く場合は、通常のアイライナーよりも薄い線が引けるダブルライン専用のアイライナーがおすすめです。

3.アイシャドウは黒目のある位置で締める

末広二重の場合、アイラインと同じように目頭部分に濃い色をのせると幅の狭い部分が目立たなくなってしまうため、アイシャドウを塗る時はまぶたの黒目の上あたりから、目尻にかけて締めの色をのせるようにしましょう。

4.アイシャドウのカラーは淡い色を選ぼう

濃い色のアイシャドウは引き締め効果があり、二重の幅も引き締めてしまうので、まぶたに広範囲に塗ると二重幅も細く見えてしまいます。アイシャドウの色を選ぶ際は、肌なじみの良いベージュや淡めのブラウン系、パールが入った薄付きの透明感のある色のものを選ぶようにしましょう。

5.下まぶたをアイシャドウで彩る

下まぶたにアイシャドウをのせると目元全体が明るくなり立体感が生まれ、目自体の縦幅を大きく、パッチリとした目元にみせることができます。白やピンク、ゴールドなどの明るいハイライトカラーのアイシャドウを、下まぶたの目頭から黒目の下あたりまで細く入れることで自然に目を大きく見せられます。

6.付けまつ毛やまつ毛エクステは目尻側につける

末広二重の人が、付けまつ毛やまつ毛エクステを目頭からつけると二重のラインが見えなくなる、あるいは目立ちにくくなります。二重のラインを隠してしまわないよう、目尻側にまつ毛エクステや付けまつ毛をしましょう。付けまつ毛の場合はハーフタイプのものを利用するのがおすすめです。

7.ビューラーでまつ毛を上げすぎないように注意

付けまつ毛やまつげエクステと同様に、まつ毛を上げすぎると二重部分に掛かってしまい、目が小さく見えてしまいがちです。ビューラーでまつげを上げる際は上げすぎないように気をつけ、黒目の位置から目尻にかけてを軽く流すように上げると、目の横幅が大きく見えます。

メイク以外で末広二重の二重幅を広くする方法

目がむくんでいたり疲れていたりすると、末広二重の人は二重幅が狭くなり一重に見えることがあります。このように体調や肌のコンディションが悪い日はアイメイクもうまくいきません。そこでここでは、むくみや目の疲れを取るなど、メイク以外の方法で二重の幅を広くする方法をご紹介します。

むくみを取るマッサージ

目元がむくむと、二重が目立たなくなり一重に見えることがあります。むくみを解消したいときは、乳液をまぶたに塗り、薬指を使って眉頭から眉尻に向かってくるくると円を描くようにマッサージします。

 

次に眉の下、まぶたの上にある骨のくぼみを、眼球を押さないように注意しながら目頭から目尻に向かってなぞるように優しくマッサージしてください。最後に、眉の下を眉頭から眉尻にかけて指の腹で上側にグッとツボ押しして完了です。

ホットアイマスクで目の疲れを取る

目元が疲れていると、その周りの筋肉が硬くなるため目元が重く見え、眠たげな印象になってしまいます。目元に疲れを溜め込まないためにも、目が疲れてきたと感じたらホットタオルやホットアイマスクで目元を温め、血流を良くして硬くなった筋肉をほぐしましょう。

疲れが取れて目元が軽くなると、自然と目がパッチリ開くようになり、二重の幅も大きく見えやすくなります。

夜用アイプチできれいな二重を作る

もともとまぶたが厚くて二重の線が薄く、マッサージをしてもあまり効果を得られないという人は、夜用アイプチを活用して理想の二重を作ってみてもいいでしょう。

夜用アイプチは、寝ている間だけ塗り朝には落とすので、周囲にアイプチをしているとバレる心配がありません。また、美容成分がたっぷり含まれているものもあり、目元のケア効果も期待できます。

メイクのポイントを押さえて二重の幅を広くしよう!

末広二重は目頭側の二重の幅が狭いため、メイクの仕方やコンディションによってはまぶたが重くなり一重に見えることがあります。今回ご紹介した二重の幅を広く見せるメイクのポイントや、メイク以外で二重の幅を広くする方法を押さえて、パッチリとした目元を手に入れましょう。

なお、二重幅は広ければ良いというわけではなく、広すぎると眠たげな印象を持たれることがあります。夜用アイプチを使う場合は、少しずつ二重幅を広げて自分にとってベストの幅を見つけましょう。

関連キーワード
メイクのコラムの関連記事
  • 末広二重_メイク
    末広二重のお悩みを解決!二重の幅を広く見せるメイクのポイントをご紹介
  • メイク時間を短縮しても「しっかり感」が出せるメイクのポイント3選
  • 女性
    眉毛の手入れで失敗しないポイント!眉の基本的な手入れ方法を知ろう
  • 女性
    アイプチもメイクも綺麗に仕上げたい!失敗しないコツは手順にある?
  • 流行に左右されない似合う眉毛の整え方とは?
    顔型別!流行に左右されない自分に似合う眉毛の整え方とは?
  • 二重の常識革命!整形メイクだけで簡単に二重が手に入る方法とは?
    二重(ふたえ)の常識革命!整形メイクだけで簡単に二重が手に入る方法とは?
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    アートメイクのトラブルや失敗を避けるための医師選びのポイント
    2018年3月30日
  • 女性 メイクのコラム
    アイプチもメイクも綺麗に仕上げたい!失敗しないコツは手順にある?
    2018年9月27日
  • 目の下の施術 アートメイク情報
    アートメイクは痛い!?気になるアイラインや唇の「痛み」と「腫れ」
    2017年10月25日
  • アートメイク情報
    意外と知らない?アートメイクとタトゥーの違いは実施する目的で変わる
    2018年2月27日
  • アートメイク情報
    アートメイクの「違法」を押さえてトラブルと被害を事前に回避
    2018年3月30日
  • 男性アートメイク アートメイククリニック
    メンズアートメイクで理想の眉を手に入れる!メリットや口コミ・評判を紹介
    2018年3月26日
  • 細い眉毛がナチュラル眉毛に大変身!そのメイク方法とポイントとは? メイクのコラム
    細い眉毛がナチュラル眉毛に大変身!?そのメイク方法とポイントとは?
    2018年8月31日
  • アートメイク情報
    初心者は要チェック!アートメイク探しに役立つ5つの比較ポイント!
    2018年1月26日
  • メイクが苦手な人に朗報!最低限のメイクで済ませられるアートメイク メイクのコラム
    メイクが苦手な人に朗報!最低限のメイクで済ませられるアートメイクの魅力
    2018年8月31日
  • アートメイク情報
    【画像あり】アートメイク施術後の経過と色味の変化
    2018年1月10日
  • アートメイク情報
    アイラインのアートメイク後にできるかさぶたはどんなもの?痛い?
    2018年4月30日
  • アートメイク_ジム アートメイク情報
    アートメイク直後にジムに行くことは厳禁?施術直後の過ごし方について
    2019年2月28日
おすすめの記事