もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法

美容に関する技術が進歩し情報があふれる現代では、判断に迷って、本来受けるべきではない施術を選択してしまう人が多いです。

 

たとえばアートメイクでは、「マイクロブレーディング」がどういったものか分からずに適切でない別の施術を受けたり、受けたもののネットにあふれる情報を信じ込んで失敗してしまう人もいます。

 

あなたも、マイクロブレーディングがどういったものか分からない、失敗を避けるためには何をすべきか分からない、と悩んでいるのではないでしょうか。

 

ご安心ください。マイクロブレーディングについての知識をしっかりと学べば、失敗を避けることは可能ですし、ぐるぐると悩むこともなくなりますよ。

 

今回はマイクロブレーディングという技法についての詳しい説明と、メリットやデメリット、失敗を避けるために今からできる4つの方法についてまとめました。

 

マイクロブレーディングとは、眉毛を手彫りで描く技法

 

まずは、マイクロブレーディングというアートメイクの技法について詳しくご説明します。

 

アートメイクとは針で皮膚に色素を注入し、数年ものあいだ理想のパーツを維持できる施術である、ということはご存知でしょう。

 

今回ご説明するマイクロブレーディングとは、アートメイクの技法の1種です。従来のアートメイクとの決定的な違いは、ペン型の器具の先端に取りつけた針で手彫りをするところ。眉毛をマイクロブレーディングする際には、毛の流れに沿って眉毛を丁寧に一本ずつ描いていきます。

 

以前は、皮膚の中で色素が広がって滲む、とも言われていました。そういった話を聞いて、敬遠していた人もいるかもしれません。しかし滲みにくい色素が開発されたことにより、今は綺麗な線を描けるようになっていますので、ご安心ください。

 

マイクロブレーディングのメリット

 

次に、マイクロブレーディングのメリットをお伝えします。

 

先述の通りマイクロブレーディングでは、針をつけた器具で毛の流れに沿いながら、線を丁寧に手彫りしていきます。そのため、まるで自眉のようなナチュラルさを演出できるのです。実際に毛が生えているような立体感を得られるため、「4D眉」とも呼ばれています。

 

今でこそさまざまな技法から選べるアートメイクですが、従来は専用の機械を使って一定間隔で染色していました。一定の深さで染色できるためムラが少ない点はメリットといえますが、裏を返せばかなりマットに仕上がってしまう、ということ。「海苔を貼りつけたようなのっぺりとした印象に仕上がってしまう」といった声が多かったのも頷けますね。

 

もちろん機械彫りも現代では進化していますが、すっぴんでも浮かないナチュラルな眉毛に仕上げたい人には、マイクロブレーディング一択といえるでしょう。

 

マイクロブレーディングの2つのデメリット

 

次に、マイクロブレーディングのデメリットを2つお伝えします。

 

1つ目は、施術者の技術力が高くなければ、失敗してしまう可能性が高いことです。手彫りのため、機械彫りと比べると施術者の腕の良さが仕上がりに直結しやすくなります。

 

2つ目は、施術後1~2週間ほど経つと、ところどころ線が消えてムラになってしまうことです。先述の通り、機械彫りは一定の深さで染色するためムラになりにくいですが、手彫りは染色する深さにズレが生じるため、ムラになりやすいのです。

 

しかし、ご自身の努力によって、失敗する確率やムラになる可能性を低くすることはできます。

 

「左右非対称な眉毛を克服したい」「眉毛の薄さにもうコンプレックスを抱きたくない」と思ってマイクロブレーディングを受けても、失敗したら悲しいですよね。そうならないために、次の『マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法』をぜひ最後までお読みください。

 

アートメイクについてのおすすめ情報

各メニューの料金表

初めての方へ

アートメイクの施術例

施術の流れ

 

 

マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法

 

マイクロブレーディングの失敗を避けるためには、4つの方法があります。これらをしっかりと行えば、失敗の可能性はかなり低くなります。

 

1. 担当者やクリニックの実績と経験を調べる

 

医師免許を持たずに施術を行っている人が存在しているため、施術担当者やクリニックの実績と経験を必ず調べておきましょう。

 

そもそもアートメイクは医療行為であるため、医師免許を持っている人にしか施術を許されていません。しかし儲けるためにサロンを開き、無資格で施術する人がいるため、「失敗した」「左右が非対称になった」「副作用が出た」という声が後を絶たないのです。

 

ですから、マイクロブレーディングに限らずアートメイクを検討している方は、担当者やクリニックの実績・経験を必ず調べておきましょう。また、SNSには本音をこぼしやすいため、事前に探っておくことをオススメします。

 

上記は、日本国内に限った話ではありません。美容大国と呼ばれる韓国で施術を行う際も同様です。むしろ、言葉が通じない外国だからこそ入念な下準備が必要、といっても過言ではありません。

 

2. デザインをしっかりと伝える

 

理想の写真を持参しデザインをしっかりと伝えると、失敗の可能性は低くなります。

 

「韓国人のように太眉に」「もう少し長く」「眉山を作ってほしい」などの抽象的な言葉でイメージを伝えると、施術者の認識とのあいだにズレが生じてしまいますよね。担当者やクリニックの実績と経験を調べて、いくら腕の良い人に任せても、施術者とあなたが持つイメージがかけ離れるような伝え方では、失敗してしまうでしょう。

 

ですから、たとえば理想とする眉毛の写真をいくつか持参して、「このくらいの太さで」「このくらい長く」「眉山はこのくらいのバランスで」と明確に伝えてくださいね。

 

3. アフターケアを忘れない

 

アフターケアを忘れると、施術直後の退色や、腫れや痛み、副作用を誘発する原因になりかねません。ですので、下記の項目は忘れずに守るようにしましょう。
また、クリニックや担当者の方針などにより下記項目が変更・追加されることもありますので、そちらの指示に従ってください。

 

施術後の禁止項目

 

  • 血行を促進する入浴や運動、飲酒
  • かさぶたへの接触
  • 洗顔など刺激を与える行為
  • 2週間以内の運動
  • 2週間以内の直射日光
  • プールや海、サウナなど不特定多数が出入りする水場での活動

 

4. 複数回に分けて色素を入れる

 

『マイクロブレーディングの2つのデメリット』では、時間の経過とともに色ムラが出てきてしまう、とお伝えしました。しかし複数回に分けて色素を入れると、皮膚に色素を定着させることができます。

 

「何度もクリニックに通い、回数分の費用がかかるのは嫌だな」と1回きりで染色する方もいらっしゃいますが、染色直後の退色や、逆に色が強く残ってしまったなどの報告も存在します。

 

ですから、通える距離のクリニックから腕の良い施術担当者を探し、浮いた交通費をアートメイクの施術費用に回すと良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

マイクロブレーディングで失敗を避けるには、入念な下調べや理想のイメージを分かりやすく伝えるための努力だけでなく、施術担当者から言われたルールの厳守、そして金銭面や時間面において現実的な思考が必要といえます。

 

「人気なサロンだから」「SNSのフォロワー数の多い医師だから」という理由だけで選ぶのではなく、実際に施術を受けた人の口コミを確認し、自分の懐事情と相談したうえで判断することが大切なのですね。

 

今回の記事で、マイクロブレーディングがどういった施術なのか、失敗を避けるには何をすべきか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

ご紹介した4つの方法をしっかり守れば、怖い施術ではありません。マイクロブレーディングに挑戦して、眉毛に対するコンプレックスをなくしましょう。

 

アートメイクについてのおすすめ情報

各メニューの料金表

初めての方へ

アートメイクの施術例

施術の流れ

 

  • 眉アートメイクはどの技法がおすすめ?グラデーション、3D、4Dの違い
  • 眉毛のアートメイクの経過、色が濃くなる理由、気をつけるべき3つのポイント
    眉毛のアートメイクの経過、色が濃くなる理由、気をつけるべき3つのポイント
  • 眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法
    眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法
  • もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法
    もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法
  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
  • 施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
    施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    アートメイク後の注意!アフターケアを行わないでいると痛みや腫れが出ます!
    2018年2月27日
  • アートメイククリニック
    メディカルアートメイクなら川口クリニック!!
    2018年1月10日
  • 小顔効果と若々しさを一度に手に入れられる!ヘアラインアートメイクの全容 アートメイク情報
    小顔効果と若々しさを一度に手に入れられる!ヘアラインアートメイクの全容
    2019年7月29日
  • キレイな眉の女性 アートメイク情報
    アートメイクで不自然に?クリニックなどポイントを抑えて自然な”理想の眉毛”を手に入れる!
    2017年10月25日
  • アートメイク情報
    正しい手入れ・生活習慣・アートメイクの3つできれいなすっぴんは作れる!
    2018年12月11日
  • アートメイク_ジム アートメイク情報
    アートメイク直後にジムに行くことは厳禁?施術直後の過ごし方について
    2019年2月28日
  • アートメイク情報
    【アートメイク施術後のお風呂】シャンプーやシャワーはOK?湯船はNG?
    2018年12月11日
  • もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法 アートメイク情報
    もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法
    2019年9月25日
  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク アートメイク情報
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    2019年8月30日
  • 眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法 アートメイク情報
    眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
    2019年8月21日
  • アートメイククリニック
    メディカルアートメイクを受けるなら東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ
    2018年4月30日
  • アートメイク情報
    眉のアートメイクの3D、4Dの違いとは?特徴、注意点からおすすめをご紹介
    2018年6月30日
おすすめの記事