アートメイク失敗
国民生活センターによると、アートメイク関連の被害報告は2006~2011年までの5年間で、121件にのぼり、そのうちの95%はエステサロンなどで医師免許を有しない者から施術を受けていたとみられています。 アートメイクは医療行為であり「医療機関で医師、または医師の指示の下、看護師が施術を行なうこと」と、法律で決められています。 アートメイクが医療行為と定められているのは、皮膚に針を刺すという行為を伴うからです。 では、アートメイクにはどのような失敗があるのでしょうか。眉毛、アイライン、リップそれぞれの例を紹介します。

部位別のアートメイク失敗例

アートメイクに魅力を感じて、眉毛、アイライン、リップなどの施術を受ける方は毎年増え続けていますが、その一方で、失敗したという方も増えているようです。 そこで、各部位ごとにどのような失敗があるのかを確認しましょう。

眉毛

 眉毛の色が紫に変色  太く真っ黒な眉毛  まだらになってしまった   施術当日から違和感があったものの、数日経てば肌に馴染んで落ち着きますと言われ、しばらく様子を見ると少しずつ紫色に近い赤色に変色してしまった。 施術後の眉毛が想像以上に太く、数日経てば薄くなると言われたのに真っ黒のまま変化がない。 施術後は綺麗だったが、数週間ほどでまだらに色が抜けてしまった。

アイライン

 すぐに薄くなった  アイラインの歪み・滲み  まぶたに肉芽腫ができた   最初はキレイなアイラインに仕上がっていたのに、だんだんと色が変わり薄いグレーに変色した。 すぐに馴染みますと言われたが、どうみてもアイラインがゆがんでおり、ラインがだんだんとぼやけてきた。 まぶたに赤いできものができ、病院で診察を受けた結果、肉芽腫だと言われた。

リップ

 リップラインの歪み  唇だけが浮いてみえる  ヘルペスになった   リップラインが片側だけはみ出し、左右が均等でない仕上がりになった。 薄くなると言われたがリップ全体がいつまでたっても濃い赤色のままで、メイクをしないと唇だけが浮いて見える。 施術後に唇に水ぶくれができ、皮膚科を受診するとヘルペスだと診断された。 アートメイクは一度色を入れると修正することができないので、後戻りできません。失敗しないためには、医師の指導のもと技術力の高い専門職が施術するクリニックでアートメイクを受けることが大切です。

アートメイクの健康被害

アートメイクには施術後の健康被害もいくつか報告されています。

健康被害1:施術箇所が化膿した

アートメイクは医療機関でなければ施術してはいけないと知りつつ、費用を抑えたかったので医療機関以外でのアートメイクを選んだ。 3回の施術のうち、1回目は問題なかったが、2回目で施術箇所が化膿したうえに顔まで腫れてしまった。 皮膚科を受診したところ、使用している針や色素に問題があるかもしれないとのこと。

健康被害2:角膜が傷ついた

エステサロンでアイラインへの施術をしていたが、痛みを感じた。痛みを訴えたものの、施術を中止することはなかった。施術修了後、視界が曇っていたうえに痛みと涙が止まらなくなったので眼科へ行ったところ、角膜が傷ついていると言われた。

健康被害3:強い腫れと痛みが出た

友人の自宅で友人の娘に眉毛のアートメイクをしてもらった。施術が終わったあと、眉が腫れて痛みもあったため皮膚科へ行った。消毒が足りなかったせいだろうということと、医療従事者でない者がアートメイクの施術をしてはいけないということを教えられた。

アートメイクの失敗はなぜ起こる?

では、アートメイクの失敗はなぜ起こってしまうのでしょうか? その原因は、大きく3つ。    医療機関でないため対応が不適切  施術者の技術不足・知識不足・経験不足  担当医と施術者の仕上がりイメージが違っている   医療機関でないことや、施術者の技術力・知識不足・経験不足は、アートメイクによる健康危害に繋がります。 針の消毒がきちんとできていない、使用している色素が適切でない、ディスポーサブル(使い捨て)の徹底ができていないというような施設では、感染症など健康に関わる被害にあうリスクが高まります。   アートメイクの施術の失敗は、施術者との仕上がりのイメージにずれが生じてしまっていることも原因のひとつです。施術者が「この人にピッタリの仕上がりはこうだ」と思っていても、それが必ずしも瀬術を受ける人にとって満足できる仕上がりとは限りません。

アートメイクを失敗しないためには?

アートメイクは一度失敗するともとに戻すことが困難です。せっかくアートメイクの施術を受けるなら、キレイに仕上げたいですよね。 「ここなら安心して施術を任せられる」と思えるクリニックの選ぶ方法は、主に3つあります。クリニック選びの参考にしてください。

医師が在籍しており、看護師が施術するクリニックを選ぶ

そもそもアートメイクは、医療機関のみで行われる施術方法なので、医師もしくは看護師が必ず在籍している必要があります。看護師が施術を担当する場合でも、医師の診察がない場合は違法なので注意してください。

施術の経験が豊富なクリニックを選ぶ

アートメイクを成功させるためには、施術者の技術力が高いことが重要です。症例数と施術例の写真を参考にして、技術力が高いかどうかを測りましょう。なるべく施術例が多く、たくさんの写真を提示してくれるクリニックを選んでください。

施術者と仕上がりイメージをすり合わせる

たとえ施術者が上手くできたと思っても、施術を受ける人の完成イメージとずれていた場合、それは成功といえません。アートメイクは簡単に落とすことはできないので、カウンセリング時に自分が理想とする仕上がりを施術者にしっかり伝えることが大切です。   【自分でできる理想の仕上がりを伝える方法】
  • カウンセリング時に理想の仕上がりをメイクで見せる
  • 理想の仕上がりに近い写真、画像、芸能人の写真などを見せる
  このように、自分から積極的に完成イメージを施術者に見せることで、双方の仕上がりイメージのずれをなくすことができます。 どのような仕上がりになるのかを互いに把握し、完成イメージをしっかりとすり合わせましょう。

失敗したアートメイクは修正できる?

下まぶたの施術 もし万が一、アートメイクに失敗してしまったら一体どう対処すればいいのでしょうか? アートメイクの修正と除去についてお話していきたいと思います。

アートメイクの修正方法

失敗してしまったアートメイクを修正することは可能です。 ただし、状況によっては修正が難しいときもあるので注意が必要です。それでは、状況別の修正方法をみていきましょう。   <1回目の施術の時点で希望する仕上がりになっていない> アートメイクは2~3回に分けて色素を入れていくことがほとんどです。 通常であれば、1回目の施術からしばらく経つとだいぶ色素が落ちてきます。ですから、2回目・3回目の施術で微調整をしていくことができます。   1回目の施術後に「ちょっと違うな」と思ったら、遠慮せず施術者にはっきり伝えましょう。 ただし、大きなデザイン変更や色を薄くするということは、微調整では難しいです。   <1回目の施術なのにかなり濃く仕上がっている> 1回目の施術からしばらく経っても不自然に濃いままだという場合、2回目の施術は避けましょう。 施術を受けたところへ連絡し、「色が濃すぎておかしい」と伝えてください。   濃く入ってしまった色素をすぐに薄くするためには、基本的に医療用レーザーを照射するしかありません。 数年単位で時間が掛かりますが、コンシーラーでごまかしながら、肌の代謝で色素が薄くなるのを待つという方法もあります。   <希望する仕上がりになっていないことを言い出せずに完成してしまった> 色が薄ければ、アートメイクを施術し直すことで修正できることがあります。 色が濃くはっきりしている場合には、医療用レーザーをすすめられる可能性が高いです。また、アイラインが滲んだような仕上がりになってしまった場合も同様な対応となるでしょう。   なお、肌色の色素を入れて修正するという方法もありますが、これはおすすめしません。肌色が馴染まずにかえって目立つ可能性があるうえに、色素が薄いためにレーザーによる除去ができなくなります。   <違法サロンと知らずに受けたアートメイクを修復したい> ほかで施術したアートメイクの修正を受け付けている、クリニック(医療機関)へ相談しましょう。 状況を見て可能であれば修復してもらえます。「修復しない方がいい・できない」という判断で、修復を断られることもあります。   違法サロンではどのような色素を使用しているかわからないことが多いため、簡単には手を加えられないのです。

アートメイクの除去方法

アートメイクを完全に除去する方法は、医療用レーザーか外科手術です。 現在は医療用レーザーによる除去が主流ですが、色が濃いものに反応するという性質上、色素が薄いと完全には除去できないこともあります。 それでも完全に除去したいということであれば、外科手術で施術箇所を切除するしかありません。   アートメイク修正・除去のための医療用レーザーや外科手術は、病気を治療する目的ではないため、健康保険は適用外です。 高額な費用がかかりますし、肌への負担も掛かります。眉毛やまつ毛に影響が出ることもあります。 だからこそ、施術前に施術者としっかり話し合って、色やデザインの確認を入念に行なうことが大切です。   また、以下のような対策をするのもいいでしょう。    下書きをしてもらってその通りに施術してもらう  眉毛やアイラインは片方が仕上がったら一度確認させてもらう   施術に問題のない医療機関であれば、何も言わなくても行なってくれます。 もし行なっていないようであれば、施術者にお願いしてみましょう。  
アートメイクについてもっと詳しく知るための記事消したい!除去したい!アートメイクに失敗した人必見5つの対処法!
2018.10.31
アートメイクは一度入れると時間が経っても綺麗には消えません。もし完全に消したいと思った場合は、医療機関で除去施術を行わなければいけないので、これからアートメイクを入れようと考えている人は除去方法や注意点などを把握しておく必要があります。 また、現在アートメイクの除去を考えている人は、消したい理由や除...…

アートメイクに失敗したくないならクリニック選びは慎重に!

まつげの施術 アートメイクは気軽に修正・除去できるものではありません。 だからこそ、クリニック・施術者選びは慎重に行なってください。 そして何より、いくら費用が安くても違法サロンは避けるようにしましょう。満足できない仕上がりになるリスクだけでなく、危害を受けるリスクがあります。 もし、「失敗してしまった」「危害を受けてしまった」ということになれば、さらに費用と時間がかかることになってしまいます。   大切な顔への施術ですから、料金よりも安全・安心を優先させるようにしましょう。  
医師選びのポイントアートメイクのトラブルや失敗を避ける医師選びのポイント
2018.5.7
皆さんが初めてアートメイクを施術するとしたら、どのような情報を集めてクリニックを選びますか?「価格・立地・技術・評判」など、選ぶために必要な情報はたくさんありますが、気になったクリニックをみつけた際、絶対に確認しなければいけないのは施術を行う医師の情報です。 医師の情報が曖昧だったりアートメイクを行...…
関連キーワード
  • すっぴん きれい
    正しい手入れ・生活習慣・アートメイクできれいなすっぴんは作れる!
  • アートメイク 旅行
    旅行のついでにアートメイク⁉海外で施術を受ける時の問題点
  • アートメイク お風呂
    【アートメイク施術後のお風呂】シャワーはOK・湯船はNG?
  • yoga
    アートメイクですっぴん美人に!メイクを気にせずヨガを楽しもう
  • 温泉でくつろぐ女性
    アートメイクとタトゥーは同じ?温泉やプールの利用について
  • 走る女性
    汗に負けない!ランニング時のメイクポイントとアートメイクの魅力
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    意外と知らない3Dアートメイク・4Dアートメイクのデメリットとは?
    2018年6月30日
  • アートメイク失敗 アートメイク情報
    薄くしたい!アートメイクはなぜ失敗する?眉毛、アイライン、リップの失敗事例
    2017年10月25日
  • アートメイク情報
    男性がアートメイクを受ける理由とは?眉毛で好印象が手に入れられる?
    2018年3月30日
  • アートメイククリニック
    メディカルアートメイクなら川口クリニック!
    2018年1月10日
  • アートメイクおすすめ アートメイク情報
    【必見!】アートメイクに向いていない人は色が入らない?おすすめしたいのはどんなひと?
    2017年10月25日
  • アートメイク お風呂 アートメイク情報
    【アートメイク施術後のお風呂】シャワーはOK・湯船はNG?
    2018年12月11日
  • アートメイク情報
    4Dアートメイクで自然な眉は作れる?今と昔の技術を徹底比較!
    2017年11月30日
  • 忙しい女性必見!時短メイクで早くしっかり仕上げる5つのポイント メイクのコラム
    忙しい女性必見!時短メイクで早くしっかり仕上げる5つのポイント
    2018年8月31日
  • アートメイク情報
    施術前に知っておきたいアートメイク施術口コミ|良い口コミ編
    2018年7月31日
  • アートメイク情報
    アートメイクをしているとMRI検査は受けられない?真相を解明!
    2018年4月30日
  • アートメイク情報
    アートメイクとはどんな流れで施術をするの?
    2018年1月26日
  • 女性 メイクのコラム
    アイプチもメイクも綺麗に仕上げたい!失敗しないコツは手順にあり
    2018年9月27日
おすすめの記事