メイクをしていると、MRI検査が受けられなくなるという噂を聞いたことはありませんか?その噂は果たして本当なのでしょうか?アートメイクがMRI検査にもたらす影響と、MRI検査を受ける際の注意事項についてご紹介していきます。

アートメイクをしているとMRI検査が受けられなくなるってホント?

アートメイクについて調べてみると、「MRI検査が受けられなくなる」という情報を見かけることがあります。この情報は果たして本当なのでしょうか?事実を探っていきましょう。

アートメイクはMRI検査の際に影響を及ぼすのか?

アートメイクをしている状態でMRI検査を受けると、ごく稀にアートメイクをしている箇所が発熱や火傷を引き起こすことがあります。しかし、発生率は極めて低く、万が一発生したとしても症状は一時的なもので軽いことが多いです。検査を取りやめるほどの症状ではないですが、万が一のことも考えて細心の注意を払わなければなりません。アートメイクをしている状態でMRI検査を受ける場合は、必ず医師にその旨を伝えるようにしましょう。

アートメイクをしていると発熱や火傷を引き起こすのは何故?

MRIは強力な磁力を発する機器の中に人が入り、電波を当てることで臓器や骨をチェックする検査法です。身体の状態を正確にチェックするためには欠かせない検査ですが、検査の際に皮膚に流れる微弱の電流がアートメイクで使用される色素に反応して、発熱や火傷を引き起こすことがあります。アートメイクで使用される色素にはコバルトなどの金属成分が含まれていることもあり、これが電流に反応して発熱を引き起こすのです。発熱はごく稀なケースですが、可能性はゼロとは言えないので、アートメイクをしている場合はMRI検査を受ける際必ず医師に申告しなければならないのです。

 

アートメイクをした状態でMRI検査を受けると、発熱や火傷を引き起こすリスクがあることが分かりました。しかし、可能性はごく稀なため、ほとんどの場合検査に支障が出ることはありません。医師としっかり相談して、安全な状態で検査に臨みましょう。

 

アートメイクについてもっと詳しく知るための記事アートメイクとはどんな流れで施術をするの?
2019.1.9
アートメイクは、眉毛やアイラインなどを綺麗に整えられる人気の施術です。しかし、具体的な方法を知らず、どのような施術を受けるのか不安に思う方も多いようです。そこで、アートメイクが気になっている皆様のために、アートメイク施術の流れをご紹介します。 アートメイクはどのような施術なのか? アートメイクとは ...…

アートメイクをしたままMRI検査を受けて異常が出たときは?

医療機関で医療従事者による施術であれば、アートメイクをしている状態でMRI検査を受けても支障が出ることはほとんどありません。しかし、トラブルが起こる可能性はゼロと言い切れないので、万が一異常が出た場合の対処法を知っておくことが大切です。アートメイクによってMRI検査で異常が出た場合の対処法についてご紹介します。

MRI検査で異常が出た場合の対処法

MRI検査の装置内には、マイクと緊急用のブザーが設置されています。このマイクとブザーは検査の担当者と繋がっているので、検査中に何か異常を感じた場合は、マイクに向かって声を出すかブザーを押せば一旦中断することができるようになっています。何かあってからでは遅いので、アートメイクをしている箇所に痛みや熱さなどの違和感を覚えたら我慢せずに早めに申し出るようにしましょう。そうすることで検査担当者や担当医が迅速に適切な対処をして、火傷の危険性を防いでくれます。

そもそもMRI検査ってどんなときに必要になるの?

MRI検査と言っても、具体的にどのような場合に行う検査なのかピンときていない方もいるでしょう。そこで、そもそもMRI検査とはどのようなときに必要になるのかをご紹介します。

MRI検査が使用される場面とは

レントゲン検査だと、1回の撮影で1枚の写真しか撮ることができません。そのため、場合によっては身体の状態を詳しく検査できないことがあります。そのような場合に使用するのが、MRI検査です。MRI検査はレントゲン検査と違って、様々な角度から身体の状態を調べることができます。頭蓋骨を写さずに脳を撮影できることから、脳梗塞や脳腫瘍などの病気を調べるために使われることが多いですが、水分を多く含む臓器を撮影するのが得意なため、肝臓がんや膵臓がん、卵巣がんなどの内臓疾患の検査にもよく使われています。そのほか、人間ドッグのプランの中にもMRI検査は含まれていることが多く、各臓器のがんや腫瘍の発見に活用されています。

 

もし疑わしい病気があってMRIで精密検査をしたり、MRI検査を含む人間ドッグを受けたりする予定があるなら、先に検査を済ませてからアートメイクの施術を受けた方がいいかもしれません。その方が身体への影響などあれこれ心配しなくてもいいので、安心してアートメイクの施術を受けることができます。

MRI検査を受けるときのNG事項

アートメイクをしている場合は、MRI検査を受ける前に医師に申告することが必要です。しかし、実はそのほかにもMRI検査を受ける際に気を付けなければならないことがあります。MRI検査を受けるときの注意事項について見ていきましょう。

 

マスカラ中の茶髪の女性
安心して相談できるクリニックランキングはこちら【必見】東京でおすすめのメディカルアートメイククリニックTOP5
2019.1.29
東京で施術を受けるなら”メディカルアートメイク”を行なっているところがおすすめ アートメイクの施術を受けるなら、“メディカルアートメイク”を行なっているところを選んでください。 メディカルアートメイクとは、医療機関で医療従事者が行うアートメイクのことを指します。アートメイクは医療行為(美容医療)...…

MRI検査の際に注意しなければならないこと

入れ墨

入れ墨は専用のインクがついた針を刺して、色素を皮膚組織下に定着させていきます。しかし、このインクには、種類によって磁性体や鉄などの成分が含まれていることもあります。このような成分を含む入れ墨をした状態でMRI検査を受けると、装置の強い磁力に反応して発熱や火傷などのトラブルを引き起こす可能性があるのです。そのため、入れ墨をしている方がMRI検査を受ける際は、場合によっては検査を受けられないか、もしくは様子を見ながらの慎重な対応が行われます。

化粧

化粧品には、マスカラやアイライン、アイシャドウなどの磁性体が含まれているものもあります。そのため、化粧をしたままMRI検査を受けると、検査画像に支障が出たり、目の粘膜が傷ついてしまったりする可能性があるのです。特に頭部の検査をする場合は、注意が必要です。MRI検査の際は、化粧を落としてから受けるようにしましょう。

カラーコンタクト

ファッションの一部として、カラーコンタクトを使用している方は多いでしょう。しかし、カラーコンタクトには、金属が材質として使われているものもあるため、装着したまま検査を受けると装置の磁力が反応してしまう可能性があります。カラーコンタクトをしている方は、MRI検査の際は外してから来院するか、検査の前に外しておくようにしましょう。

鉄のサプリメント

腹部や骨盤部分のMRI検査を受ける場合は、鉄のサプリメントを服用しないようにしましょう。鉄のサプリメントや鉄を含む食品などを口にすると、装置の磁力が反応してしまう恐れがあります。そのため、検査の6時間前からは飲まないように注意することが大切です。

このように、MRI検査を受ける際は様々な注意事項がありますので、医師の指示をしっかりと聞いたうえで検査に臨まなければなりません。アートメイクをはじめ、検査に支障を来す可能性があるものは、漏れがないようにきちんと医師に申告しておきましょう。

絶対に受けられなくなるわけではないが申告は必須!

アートメイクがMRI検査に及ぼす影響についてご紹介しました。アートメイクをしていることで、MRI検査が受けられなくなるというのはあくまで可能性の話で、必ずしもそうではありません。医師にきちんと申告して、安全かどうかを確認してもらえば基本的に検査は受けられます。MRI検査を受ける際、アートメイクをしているかどうかの申告は必須となっているので、伝え忘れがないように注意しましょう。

 

アートメイクについてもっと詳しく知るための記事意外と知らない?アートメイクとタトゥーの違いは目的で変わる
2019.1.9
気になる!話題のアートメイク 「アートメイクってテレビで聞いたことはあるけど、結局タトゥーと何が違うの?」と思っている方は少なくないですよね。こちらではアートメイクとタトゥーの違い、どんな人におすすめか、施術の流れや注意点など、アートメイク全般の『気になる!』を徹底解説していきます。アートメイクへの...…
関連キーワード
  • 東京でアートメイクを施そう!安いクリニックをランキングでご紹介
  • 東京で眉にアートメイクをするならココ!おすすめのクリニックTOP5
  • 東京でアイラインのアートメイクを受けられるおすすめクリニック5選
  • 正しい手入れ・生活習慣・アートメイクできれいなすっぴんは作れる!
  • 旅行のついでにアートメイク⁉海外で施術を受ける時の問題点
  • 【アートメイク施術後のお風呂】シャワーはOK・湯船はNG?
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    アートメイクとまつげエクステは両立できないってホント!?
    2018年2月27日
  • アートメイク情報
    アイラインのアートメイク後にできるかさぶたはどんなもの?
    2018年4月30日
  • メイクのコラム
    メイク時間を短縮しても「しっかり感」が出せる3つのポイント
    2018年12月11日
  • 女の人 アートメイク情報
    季節の変わり目に起こる「ゆらぎ肌」にはメイク技・アートメイクで決まり!
    2018年10月31日
  • アートメイク情報
    アートメイクのトラブルや失敗を避ける医師選びのポイント
    2018年3月30日
  • アートメイク情報
    消したい!除去したい!アートメイクに失敗した人必見5つの対処法!
    2018年3月30日
  • アートメイク情報
    正しい手入れ・生活習慣・アートメイクできれいなすっぴんは作れる!
    2018年12月11日
  • アートメイク情報
    東京で眉にアートメイクをするならココ!おすすめのクリニックTOP5
    2018年12月26日
  • アートメイク情報
    クリニックで受けるアートメイク!一般的な施術の流れとケア方法
    2018年3月30日
  • アートメイク情報
    アートメイクは落ちないメイク。定着するまでのダウンタイム期間は何日?痛みや腫れは出るの?
    2018年1月26日
  • アートメイク情報
    眉のアートメイク グラデーション、3D、4のメリット・デメリットとは
    2018年6月30日
  • アートメイク情報
    東京でアートメイクを施そう!安いクリニックをランキングでご紹介
    2018年12月26日
おすすめの記事