温泉でくつろぐ女性

「アートメイクに興味はあるけど、温泉やプールに入れなくなるのは嫌」「そもそも、アートメイクとタトゥーって何が違うの?」と、アートメイクに対しタトゥーと同じようなイメージを抱いている方は多いのではないでしょうか。たしかにアートメイクとタトゥーは施術・仕上がりともにそっくりですが、実はまったくの別ものです。

 

これら2つの違いを把握すれば、アートメイクに関する理解を深められるだけでなく、その魅力に気づけるはず。そこで今回はアートメイクとタトゥーの違いをはじめ、アートメイクを施した場合のレジャー施設の利用についてご紹介します。

異なる点はあるの?アートメイクとタトゥーの違い

アートメイクは、専用の医療器具を使って天然成分を主体とした色素を注入する技術のこと。アイラインやリップライン、眉などに施すことで、メイクの時間を短縮できるほか、すっぴんでもまるでメイクをしているような見た目に仕上げられます。効果には個人差がありますが、一般的に2~3年は持続するといわれています。

 

そんなアートメイクに対し、「タトゥーと同じなのでは?」といった疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。たしかに、皮膚に色素を注入するという点では同じですが、実はこれら2つには大きな違いがあります。

アートメイクは立派な医療行為

アートメイクとタトゥーの大きな違いは、医療行為か否かです。アートメイクは医療行為なので、日本では医師または看護師(医師の指導が必須)のみに施術が許されています。一方タトゥーは医療行為と認められていないため、施術者の資格の有無が明確に定められていないのが現状です。

アートメイクは最終的に消える

施術内容にも違いがあり、例えば針を入れる深さが異なります。アートメイクが表皮層(0.02~0.03mm)に針を入れるのに対し、タトゥーは真皮層の下にある皮下組織(2mm程度)まで針を入れます。アートメイクの場合、ターンオーバーを繰り返す表皮層に色素を注入するため、時間の経過とともに色が薄くなります。また、タトゥーのようにずっと色が残ることはありません。

アートメイクは美容目的

アートメイクとタトゥーは、目的にも違いがあります。アートメイクは基本的に、美容を目的として利用されることがほとんど。そのため、アイラインやリップライン、眉などの顔周りに施す方が多いといえます。一方タトゥーは、身体装飾や個人認識、社会的地位の表示、宗教上の理由などで利用されることが多く、施す場所に決まりはありません。

 

これらを踏まえると、アートメイクとタトゥーはまったく違うものだとわかります。しかし、この事実はまだ一般的に認知されておらず、アートメイクとタトゥーが同じようなものだと捉えている方も少なくありません。では、アートメイクを施していた場合、温泉やプールなどのレジャー施設を利用することはできるのでしょうか。

温泉もプールも楽しめる!アートメイクのメリット

アートメイクを施していても、レジャー施設を利用することはできます。なぜならアートメイクは顔周りに施すことが多く、一見するとメイクをしているようにしか見えないからです。周囲の目を気にする必要がないので、安心して施術を受けられます。アートメイクにはこのほかにもメリットがあり、例えば以下の3つがあげられます。

メイク時間を短縮できる

アートメイクのメリットは、何といってもメイク時間を短縮できることです。アートメイクで眉を整えたり、好みのアイラインを施したりすることで、ファンデーションを塗るだけなど簡単な工程のみでメイクを仕上げられます。例えば、旅行中はなるべく観光に時間を割きたいですよね。メイクの時間を短縮できれば、その分を観光に使うことができるため、旅行をより存分に楽しめます。

メイクが崩れにくい

アートメイクは水や汗では落ちないので、メイク崩れを心配する必要がほとんどありません。そのため、外出先にて何度もメイク直しをする手間が省けます。もちろん、海水浴やプール、スキーなど、さまざまなアクティビティを思う存分楽しむことも可能です。スポーツやトレーニングなど、日頃から運動をしている方にとってもうれしいメリットです。

すっぴんに自信が持てる

すっぴんでもメイクをしているように見えることも、アートメイクならではのメリットといえます。例えば温泉など大浴場のお風呂に入る場合、ほかの利用者に迷惑をかけないようメイクは落とすのがマナーです。しかし、すっぴんを見られるのに抵抗がある方にとっては、そのマナーがネックになることもしばしば。


また入浴後すぐにメイクをすると、湿気や熱ですぐにメイクが崩れてしまうこともあります。アートメイクを施していれば、すっぴんでもメイクをしているような見た目をキープできるので、おのずと素の自分にも自信が持てるようになります。

より自然な仕上がりに!3D・4Dアートメイクのすすめ

アートメイクを施すうえで考慮すべきポイントのひとつに、「自然に見えるかどうか」という点があります。例えば、ナチュラルな形でも色が濃すぎると自然な仕上がりとはいえません。アートメイクは半永久的に残るので、なるべく自然な仕上がりにして、物足りなさを感じたときはメイクでカバーできる程度に留めておくことが望ましいといえます。


では、具体的にどのようなアートメイクを施せば自然な仕上がりにできるのでしょうか。以下は眉にアートメイクを施す場合におすすめの施術です。

3Dアートメイク

3Dアートメイクは眉頭や眉尻をぼかし、自然な仕上がりを実現する施術です。眉山から眉尻にかけて徐々に色を薄めることも可能で、グラデーションをつけることで全体的なバランスを整えることができます。眉毛を1本ずつ描くので、毛の流れをリアルに再現することも可能です。

4Dアートメイク

4Dアートメイクは、眉毛を1本ずつ描くだけでなく、眉毛同士の隙間を埋めることで自然な仕上がりを実現する施術です。「色が落ちてくると隙間が目立つ」という3Dアートメイクのデメリットをうまくカバーしているので、長時間きれいな仕上がりをキープできます。


なおアイラインの場合は、まつ毛の生え際にアートメイクを施すと違和感のない仕上がりになります。太さや長さ、目尻のはね具合によって印象は大きく変わるため、施術前にアイライナーで試し描きしてみることをおすすめします。

アートメイクを上手に活用して、レジャー施設を楽しもう!

アートメイクとタトゥーは似ていますが、まったくの別のものです。アートメイクはタトゥーと違い、時間の経過とともに色が薄くなり、最終的には消えてなくなります。また美容のために利用する方が多く、基本的にはアイラインやリップライン、眉毛など、顔周りに施術を行います。そのため周囲の目につく心配がなく、レジャー施設も気軽に利用できます。

 

もし、「温泉やプールに行きたいから、アートメイクを施すのを避けている」という方がいれば、今一度施術を検討してみてください。アートメイクを施せば、メイク時間を短縮できたり、メイク直しの頻度を減らしたりできるだけでなく、すっぴん姿で周囲の目を気にせずレジャー施設を楽しめますよ。

 

なお、アートメイクの施術を受ける際は、医療機関のクリニックを選ぶことが大切です。医師はもちろん、医師による指導のもと施術を行う看護師がいるクリニックなら、安心して施術を受けられます。

関連キーワード
  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
  • 施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
    施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
  • お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
    お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
  • アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
    アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
  • 眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
    眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
  • セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
    セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    消したい!除去したい!アートメイクに失敗した人必見!5つの対処法!
    2018年3月30日
  • 小顔効果と若々しさを一度に手に入れられる!ヘアラインアートメイクの全容 アートメイク情報
    小顔効果と若々しさを一度に手に入れられる!ヘアラインアートメイクの全容
    2019年7月29日
  • アートメイク情報
    アートメイクマシンってどんな機械?通販で買える?手彫りの施術との違いを比較!
    2018年1月10日
  • 「早い・安い・きれい」でも要注意!韓国でアートメイクをする際に気をつけるべきこと アートメイク情報
    「早い・安い・きれい」でも要注意!韓国でアートメイクをする際に気をつけるべきこと
    2019年7月29日
  • もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法 未分類
    もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法
    2019年9月25日
  • アートメイク情報
    落ちないメイクのアートメイク|定着するまでのダウンタイム期間は何日?痛みや腫れは出るの?
    2018年1月26日
  • アートメイク情報
    【アートメイク施術後のお風呂】シャンプーやシャワーはOK?湯船はNG?
    2018年12月11日
  • アートメイク_ジム アートメイク情報
    アートメイク直後にジムに行くことは厳禁?施術直後の過ごし方について
    2019年2月28日
  • 後悔しないフェスメイクなら、絶対に落ちないアートメイクがオススメ アートメイク情報
    後悔しないフェスメイクなら、絶対に落ちないアートメイクがオススメ
    2019年6月28日
  • 眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法 未分類
    眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法
    2019年9月25日
  • アートメイク情報
    アートメイクでデザインを決める時の注意点とは?口コミ・評判情報で紹介
    2018年2月27日
  • アートメイク情報
    アートメイクの「違法」を押さえてトラブルと被害を事前に回避
    2018年3月30日
おすすめの記事