アートメイク 修正

毎日のメイク時間や、クレンジング時間が短縮されるアートメイクの魅力は大きいものの、ずっと色が消えないなんて、「実際にやってみて気に入らなかったらどうしよう」とか、「途中でメイクを変えたい時はどうすればいいの?」などと不安が出てきますよね。

 

この記事では、気に入らないアートメイクの対処法をクリニック・自宅それぞれでできることに分けてご紹介させていただきます。

⒈ 皮膚に色を入れるアートメイクとは

そもそも、アートメイクとはどのような仕組みになっているのでしょうか。タトゥーとの区別がつかない方も多いかもしれません。アートメイクは、皮膚に直接針を用いて色素を注入し、メイクをしなくても、眉や目元、唇などの色や形を理想のままキープする医療行為のことを言います。

 

そのため、お風呂に入ったり、汗をかいたりしてもメイクが落ちる心配がありません。

 

タトゥーとは針を入れる深さが大きく異なっていて、アートメイクの場合は0.02mmから0.03mmのところに色を入れていくので、新陳代謝によってだいたい2-3年で色が薄くなっていきます。

 

⒉ 気に入らないアートメイクはやり直しもできるのか

タトゥーと違って色が薄くなっていくとはいえ、完全に色が消えることはないので、失敗した時のことを考えると少し怖くなってしまいますよね。

 

アートメイクでよくある失敗が、眉毛の失敗です。眉毛に入れたはずのグレーや茶色が、時間の経過と共に全く別の色に変色してしまったり、実際の出来上がりが想像と違って濃くなりすぎることがあります。

 

また、アイラインも太すぎて不自然になってしまったり、目尻が滲んでしまうケースがあります。

きちんと実績のある医療機関で施術を受ければ、そこまでひどい失敗をすることはあまりありませんが、中には許可を取らずに低価格で施術を行なっているクリニックもありますので、クリニック選びにはお気をつけください。

 

しかしどれだけ信頼できるクリニックだったとしても、理想通りになるかどうかはやってみなければわからない、という恐怖があるかもしれません。

 

でも安心してください。気に入らないアートメイクだった場合は、修正することも可能です。数年経てば自然と薄くなっていくので、それを待つのが一番楽で安全な方法ではありますが、気に入らない顔で数年過ごすのは耐えられませんよね。

 

次の章から、具体的なやり直しの方法についてご紹介させていただきます。

⒊ リタッチでデザインを変更する

①リタッチで色を変更する

まず印象を大きく変えるポイントとして、色が挙げられます。アートメイクで色を入れた時はよかったけど、時間が経ってくると色が薄くなったり、紫色やオレンジ色に変色する可能性があります。

 

また、髪の色を変えて、これまでの色が似合わなくなることもありますよね。

 

そんな時は、クリニックでリタッチをお願いして、色の変更を希望しましょう。眉毛やリップは特に色で印象が大きく変わるので、少しでも気になる方は、施術を受けたクリニックに相談してみてください。

②リタッチで形を変更する

想定していたよりも眉毛が細すぎたり、時間経過と共に左右非対称に崩れてきた場合も、リタッチで形を変更することができます。

 

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)では、丁寧なアフターフォローをするために、リタッチ料金を低価格で設定しているので、安心して施術を受けることができます。

 

例えば、パウダーグラデーションと呼ばれる、柔らかく自然な仕上がりになる眉毛のアートメイクであれば、なんと21,600円でリタッチをしてもらえます。また、アイラインも上だけであれば、16,200円で色を濃くしたり、形を変えてもらえるので、普段メイク道具にかけている金額や時間を考えると、すごくお得ですよね。

 

出来栄えに満足している場合でも、綺麗な色をキープするためには半年〜1年に1度リタッチを行うことをオススメしているのですが、料金が低価格であれば、長く通うことができるので安心です。

⒋ 自分でもできる修正方法とは

①コンシーラーを使って、気に入らない部分を隠す

リタッチがオススメとは言え、すぐにはクリニックに行けない場合や、リタッチをするほど大きく変更の必要がない場合もありますよね。

 

そんな時には、自分でコンシーラーを用いて、上手く気に入らない部分を隠すことが有効です。通常のメイク用のコンシーラーでも良いですし、もしそれで物足りないということであれば、アートメイクや大きな傷跡を隠すための濃いコンシーラーを使ってみてください。

 

また、舞台用メイクのコンシーラーも色が濃く、カバー力が高いのでオススメです。

②まつ毛エクステでアイラインを隠す

また、アイラインの形や色が気になる場合は、まつ毛エクステを使って隠す方法もオススメです。まつ毛とまつ毛の間から見えるアイラインは、まつ毛エクステによって見えないようにすることができます。

 

しかし目尻のアイラインなどは、まつ毛エクステで完全に隠すことは難しいので、コンシーラーと上手く組み合わせて使うと効果的です。

⒌ アートメイクを完全に除去したい場合

ここまでリタッチを用いて修正する方法と、自分で上手く隠したりカバーする方法をお伝えしてきましたが、「どうしても気に入らないから全てを除去したい」という方には、完全にアートメイクを消す方法をご紹介させていただきます。

 

アートメイクを完全に除去するには、大きく分けて3つの方法があります。

①ピコレーザーによる除去

ピコレーザーというレーザーを用いて除去する方法で、色素を破壊してくれるので、アートメイクを入れた部分以外にはダメージを与えずに除去することができます。

 

通常のレーザーよりも負担は軽いですが、完全に除去できず、なんどもレーザーを当てなければならなくなる可能性もあります。

②レーザーで皮膚ごと切除する

次に、レーザーを用いて皮膚ごと直接削る方法があります。皮膚への負担は大きいですが、ピコレーザーでは落ちない色も落とすことができます。

 

平均的な色の濃さであれば、1〜2回の施術で完全に除去することができますが、施術の間に2〜3ヶ月ほどあける必要があるので、完了するまでにだいたい4ヶ月ほどかかります。

 

また、レーザー除去をする場合は、脱毛や火傷が起こる可能性があるので、必ず信頼できる医療機関に相談して、決して価格だけで判断しないように気をつけましょう。

 

また、色素の深さによっては数回に渡って除去を繰り返す必要があります。金額や、他の手段と比較して、本当にレーザーで除去する必要があるのかをよく考えることをオススメします。

 

どれだけ濃い色だったとしても、5年もすれば色はかなり薄くなってきますので、それまでの間は自分でできるメイクや、薄くなってきたタイミングでリタッチを利用する方が安全性は高いと言えます。

③タトゥー除去クリームを塗る

3つ目の除去方法としては、肌のターンオーバーを促進する、タトゥー除去クリームを毎日塗るという方法があります。


これは黒だけでなく、青色や赤色など様々な色に効果があるので、黒以外の色を落としたい時にはオススメです。

しかし完全に薄くなるまでに、半年〜1年ほどかかるので、急いで落としたい人には不向きな方法です。

⒍ 価格ではなく、信頼性でクリニックを選ぼう

これまでお伝えしてきたように、アートメイクはメリットも大きい分、リスクも大きな施術になります。

 

クリニック選びは、目先の低価格よりも、丁寧なアフターフォローや、技術力の高さで選んだ方が後々の満足に繋がっていきます。

 

特にリタッチが受けやすいかどうかは意識して見ておくことが重要です。自分の気分の変化や、流行の変化に合わせて、デザインを変更できるクリニックを選びましょう。

  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
  • 施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
    施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
  • お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
    お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
  • アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
    アートメイクは腫れる?アフターケアで施術後も快適に過ごせます!
  • 眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
    眉毛のアートメイクをしたら、驚くほど濃い!その理由と対策方法
  • セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
    セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    手間取る目元の化粧はアートメイクが全部解決してくれる!
    2018年1月26日
  • アートメイク情報
    アートメイクの施術には資格が必須!クリニック選びの注意点を知っておこう
    2018年6月30日
  • 二重の常識革命!整形メイクだけで簡単に二重が手に入る方法とは? メイクのコラム
    二重(ふたえ)の常識革命!整形メイクだけで簡単に二重が手に入る方法とは?
    2018年9月27日
  • お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク アートメイク情報
    お泊りで寝化粧はもう卒業!すっぴん美人を加速させる方法と、おすすめアートメイク
    2019年8月21日
  • アートメイク情報
    アートメイクとまつげエクステは両立できないってホント?
    2018年2月27日
  • 女性 メイクのコラム
    アイプチもメイクも綺麗に仕上げたい!失敗しないコツは手順にある?
    2018年9月27日
  • 末広二重_メイク メイクのコラム
    末広二重のお悩みを解決!二重の幅を広く見せるメイクのポイントをご紹介
    2019年2月28日
  • アートメイク情報
    アートメイクとは?どんな流れで施術をするの?
    2018年1月26日
  • メイクのコラム
    メイク時間を短縮しても「しっかり感」が出せるメイクのポイント3選
    2018年12月11日
  • アートメイク情報
    4Dアートメイクで自然な眉は作れる?今と昔の技術を徹底比較します!
    2017年11月30日
  • セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット アートメイク情報
    セルフのアートメイクはとても危険!やってはいけない3つの理由、切除のデメリット
    2019年8月21日
  • Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京) アートメイククリニック
    東京のメディカルアートメイクならDクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)!
    2017年11月29日
おすすめの記事