気になる!話題のアートメイク

「アートメイクってテレビで聞いたことはあるけど、結局タトゥーと何が違うの?」と思っている方は少なくないですよね。こちらではアートメイクとタトゥーの違い、どんな人におすすめか、施術の流れや注意点など、アートメイク全般の『気になる!』を徹底解説していきます。アートメイクへの不安や疑問は今日で全て解決です。

マスカラを塗る女性
アートメイクについてもっと詳しく知るための記事アートメイクとは?施術について知っておきたいこと
2019.8.5
アートメイクという言葉は知っていても、具体的な施術内容までは知らないという方が多いのではないでしょうか?ここでは施術内容を解説するとともに、アートメイクとはどのようなものか紹介していきます。 アートメイクの施術とは? まだアートメイクについて聞き慣れない方や、聞いたことはあっても詳しくは知らないとい...…

アートメイクとタトゥーの違い

アートメイクとは

目的:眉や唇などのもともと存在している体のパーツを綺麗に整えること

色素を入れる深さ:皮膚下0.01mm~0.03mmの表皮

麻酔:塗るタイプの麻酔を使用

タトゥーとは

目的:もともとは体に存在しない模様や装飾を施すこと

色素を入れる深さ:表皮の奥にある真皮

麻酔:なし

 

このように、アートメイクとタトゥーには目的に明確な違いがあります。タトゥーを入れているとプールや温泉の入場を断られることがありますが、アートメイクではまず大丈夫だと言えるでしょう。しかし、どちらも皮膚の表面ではなく「皮膚の中に色素を入れる医療行為」という点では同じです。どちらも汗やプールや入浴ぐらいでは落ちません。アートメイクは完全にタトゥーとは別物ではなく、タトゥーの一種であると位置づけるのが分かりやすいでしょう。

アートメイクは女性の味方

アートメイクという言葉が出てきた当初は、事故などで顔に怪我を負った人がもとの綺麗な顔を取り戻すために施すメイク、というようなあまり大多数の人には関係のなさそうな存在でした。しかし、今となってはとても身近な悩みを解決してくれる存在へと変わってきています。

 

例えば、自分で眉毛を描くと毎回違う仕上がりになってしまう方や、朝は忙しいからメイク時間を短縮したいという方の悩みもアートメイクで解決することができます。また、生まれつき眉毛が薄い、唇の色が悪いという人もアートメイクを試してみる価値があるでしょう。

 

特にアートメイクが活躍するのが夏です。夏はただでさえ汗をかいてメイクがドロドロになってしまう上に、海やプールに行くなど、お化粧をしていられないシーンが多いですよね。そんな時こそアートメイクの本領発揮です。アートメイクは「どんな状況でも綺麗な私でいたい!」という美意識の高い女性をサポートしてくれる画期的なメイク方法だと言えるでしょう。

アートメイクの完成まで

では実際にメディカルアートメイクを行っているDクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)を例に、施術の流れを確認してみましょう。

当日の流れ

・問診票を記入

・カウンセリングで施術内容やデザインを決める

・専門の医師が施術希望箇所に発疹などの異常がないか診察

・カウンセリングで決めたデザインを実際に作る

・麻酔クリームを塗って施術(30分~1時間程度)

・薬の処方

・会計

術後のケアについて

お化粧は次の日からできますが、あまり強くこすらないようにしましょう。また1週間程度は、プール、サウナ、海水浴、エステ、エクステ、まつげパーマなども避けるようにしてください。詳しい術後のケアの仕方は施術の際に説明してくれるので医師の指示に従いましょう。

 

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)では、一般的なクリニックと違い3回に分けて施術を行います。やはり、初めて会ったばかりの人には自分の理想を全て伝えるのは難しいですが、コミュニケーションを多くとることで希望や好みは徐々に伝えやすくなりますよね。技術的な面でも、1度で完成させるよりも3回に分けた方が自然なグラデーションに仕上がるようです。

アートメイクをするうえでの注意点

『メイク』という名前がついているとはいえ、アートメイクは医療行為である以上100%安全だとは言いきれません。しかし、原因が分かれば対策もできます。被害にあわないためにもトラブルについても知っておきましょう。

こんなトラブルがある

アートメイクのトラブルで最も多い健康被害が皮膚障害です。患部が化膿したり、いつまでも腫れがひかなかったりする症状です。人によってはアレルギーを起こすこともあるので、事前にパッチテストを行いましょう。次に多いのが刺傷や切傷です。針を使った施術ですので、一瞬の気のゆるみが怪我につながってしまいます。お医者さんに任せきりにせず、スムーズな施術ができるよう協力しましょう。

 

また、健康被害以外にも、デザインや色が思い通りにならなかったというトラブルもあります。アートメイクはもともとあるパーツに色を入れていくので、雑誌で見たモデルさんの眉毛をそっくりそのまま再現はできません。イメージだけで決めずに、自分の顔や肌の色にあうのか、専門知識のあるお医者さんとよく相談しシミュレーションしましょう。

トラブルの原因

アートメイクの失敗の90%を占めるのが、医師免許を持たない人の施術によるものです。何度かお伝えしている通り、アートメイクは医療行為です。当然その施術には医師免許が必須です。しかしながら、タトゥーのイメージで無免許のサロンなどで気軽に施術を受けてしまう人が多いのです。

 

無免許のサロンではしっかりとした衛生管理が行われているか分かりません。「新しい針を使うので安心ですよ」と言っていても、染料自体が菌に汚染されている場合もあります。安いから、オシャレだから、という理由で医師のいないサロンで施術を受けることはやめましょう。

染料の種類に注意

あまり知られていない情報ですが、アートメイクをするとMRIが受けられなくなる可能性があります。もちろん全てのアートメイクではありません。一般的なアートメイクの染料に含まれる酸化鉄の含有量はほんのわずかですので、MRI検査に支障をきたすことはほとんどありませんが、気になるという人は施術前に検査を受けておきましょう。

 

安心して相談できるクリニックランキングはこちら初心者は要チェック!アートメイク探しに役立つ5つの比較ポイント!
2019.9.30
アートメイクをする時に、一番重要なことは「クリニック選び」です。クリニック選びで失敗しないためには、しっかりとポイントを押さえて調べる必要があります。また、自分に合うクリニックを探す際は、いろいろ特徴を比較して見つけていきましょう。 アートメイクはクリニック選びが肝心 アートメイクは、「メイク時間を...…

アートメイクやタトゥーは除去できる

タトゥーは半永久的に残ることが知られていますね。アートメイクの場合も、3年~5年で薄くはなりますが完全に消えることはありません。「じゃあ失敗してもそのままなの…?」と不安になりますが、その心配はいりません。現在では傷跡を残さずに、レーザーでアートメイクやタトゥーを除去する技術が進歩しています。

 

ただし、皮膚の深い部分に入ったタトゥーや黒以外の色味はレーザーで消えにくい傾向にあり、完全には消えずに薄くなる程度ということもあります。「綺麗に消せる」と謳ってお客さんを集めているサロンは安易に信用せず、実際のカウンセリングで見極めましょう。「消えると言われたのに消えなかった」「傷跡が残った」というトラブルは実はとても多いのです。タトゥーの除去を検討する時は口コミも参考にするとよいでしょう。

よく考えて利用しよう

アートメイクの魅力や、起こる可能性のあるトラブルについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

 

「失敗することを考えるとやっぱりやめとこうかなぁ…」と思っている人もいることでしょう。しかし、必要以上に怖がることはないのです。免許を持ったお医者さんのいるクリニックで施術を受けること、染料や器具についてよく確認すること、後悔しないよう色や形をしっかりとシミュレーションすること。この3つさえ守って施術を受ければアートメイクやタトゥーはあなたの生活に彩りや余裕を与えてくれることでしょう。

 

気軽にできるか?と言われれば決して気軽ではありません。完成までにはそれなりの手間がかかります。海やプールやお泊まりでお友達のスッピンに差をつけられること、寝起きでも彼氏や旦那さんに可愛いと言ってもらえることがあなたにとって価値があります。モチベーションアップのきっかけになるのなら、このページを参考に是非アートメイクにチャレンジしてみてください。

 

アートメイクについてもっと詳しく知るための記事アートメイクの「違法」を押さえてトラブルと被害を事前に回避
2019.6.20
アートメイクを施術する際に、エステやメイク感覚で考えている人は危険です。アートメイクは針を使用して皮膚に色素を入れていく方法で施術するため医療行為として定められています。そのため、しっかりとした医療機関を利用しないと思いもよらないトラブルに見舞われる可能性があります。 トラブルを避けて満足のいく結...…

 

関連キーワード
  • 眉アートメイクはどの技法がおすすめ?グラデーション、3D、4Dの違い
  • 眉毛のアートメイクの経過、色が濃くなる理由、気をつけるべき3つのポイント
    眉毛のアートメイクの経過、色が濃くなる理由、気をつけるべき3つのポイント
  • 眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法
    眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法
  • もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法
    もはや自眉!マイクロブレーディングの失敗を避ける4つの方法
  • 化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
    化粧をしなくても目が大きく見える!その秘密は‘‘粘膜’’のアートメイク
  • 施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
    施術は必ず適切な医療機関で!アートメイクの副作用とは?
おすすめの記事
  • アートメイク情報
    アートメイクをしているとMRI検査は受けられない?その噂の真相を解明!
    2018年4月30日
  • 温泉でくつろぐ女性 アートメイク情報
    アートメイクとタトゥーは同じ?温泉やプールの利用は大丈夫?
    2018年10月31日
  • アートメイク情報
    旅行のついでにアートメイク⁉海外で施術を受ける時の問題点・注意点
    2018年12月11日
  • メイクのコラム
    メイク時間を短縮しても「しっかり感」が出せるメイクのポイント3選
    2018年12月11日
  • アートメイク情報
    【アートメイク施術後のお風呂】シャンプーやシャワーはOK?湯船はNG?
    2018年12月11日
  • アートメイク 修復 アートメイク情報
    傷跡はアートメイクで修復・補修できるの?気になる眉毛・まつ毛・頭や体の傷痕をなかったことに!
    2019年3月21日
  • 目の下の施術 アートメイク情報
    アートメイクは痛い!?気になるアイラインや唇の「痛み」と「腫れ」
    2017年10月25日
  • アートメイク情報
    正しい手入れ・生活習慣・アートメイクの3つできれいなすっぴんは作れる!
    2018年12月11日
  • 眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法 アートメイク情報
    眉毛のアートメイクを失敗させない3つの方法と、失敗の対処法
    2019年9月25日
  • アートメイク情報
    アートメイクの人気パーツとは?それぞれの施術費用や維持費について
    2018年3月30日
  • アートメイク情報
    眉のアートメイクの3D、4Dの違いとは?特徴、注意点からおすすめをご紹介
    2018年6月30日
  • アートメイク東京,リタッチ アートメイク情報
    東京でアートメイクのリタッチができるおすすめの人気クリニック5選
    2019年3月18日
おすすめの記事